コラム

【広告業界人必見】交流会は一体どういうものなのか?


現在様々な会場やタイミングで開催されている異業種交流会は、広告業界で働いている人や働いてみたいと考えている人にとって、どれも参加する価値のある魅力的なイベントと言えるでしょう。異業種交流会を専門に開催している企業が増えて来て、それに比例して回数も多くなり、場所や時間に制限の多い人でも気軽に参加できる環境が整ってきました。

交流会ってどういうものなのか?

では、広告業界の人間が参加するのに向いている異業種交流会とは、どのようなものなのでしょうか。異業種交流会が増えるとともに、開催者側は自分たちの交流会に付加価値を付けようと、個性的なイベントを行うようになって来ました。そうした実情を踏まえながら、どんな交流会があるのかを見ていきます。

そもそも異業種交流会とは、普段の仕事では出会うことのない他業種の人とじっくり話す機会を求めて、ビジネスパーソンたちが集まって来るイベントです。参加者の目的は人脈や顧客の開拓、独立や自社プランのためのパートナー探し、アイデア発掘のきっかけ、シンプルな友人作り等々、人によって様々ですが、交流会の内容はおおよそ定まっていると言っていいでしょう。

会費を支払って会場に入り、立食式のドリンクと軽食を口にしながら、別の参加者と懇談します。会が始まる際に自己紹介の時間を設ける場合と、ビジネス関連の講座を短時間行ってから懇談会が始まる場合などがあって、各交流会の個性になっています。

初対面でもすぐに打ち解けられる場

始めから人と話す事を目的とした集まりなので、人数の大小に関わらず、参加者のコミュニケーション意欲が高いのが特徴です。「自分は人と話すのが得意ではないので…」と尻込みする未経験者の心配は、杞憂に終わるのがほとんどでしょう。会が始まってしばらくすると、初対面の人が集まっているとは思えない賑やかな雰囲気が会場に溢れます。他業種との交流が比較的多い広告業界の人間でも、こうした機会は得難いものですから、一度は参加してみた方がいいと言われるのもうなずけます。

渋谷や新宿、東京といったターミナル駅周辺はもちろん、新橋や五反田といった企業向けのイベントスペースが多く存在するビジネス街でも、異業種交流会は頻繁に開催されています。ビジネス街に近い場所で開催すると、仕事帰りに立ち寄りやすいメリットがあるためです。

様々なタイプの交流会がある!?

こうした街での交流会は、会議室の一室を借りて行われることがよくあり、傍目には地味に見えるかもしれません。紙コップに入ったドリンクと紙皿に載せられた軽食だけのシンプルな会ですから、その印象も致し方ないでしょう。

ただ、このような交流会は開催費用を低くできるので参加費が安く、直接会場に出向いて当日参加出来る場合が多いので、意外に人気があります。参加者の本気度は高く、特定の業種が多い街での会に参加すれば、目当ての人脈に出会う可能性も高いと言えます。例えば、出版関連の企業が多い街で参加すると出版人と知り合いやすい、といった具合です。

お洒落な雰囲気の人気カフェでの交流会

また最近では、人気のカフェや老舗の和菓子店、話題のダイニングバーなどを借り切った異業種交流会も開かれています。見た目が華やかでパーティーのような雰囲気になるため、開催企業のサイトに画像付きで大きく紹介されているのが見られるでしょう。

このタイプの交流会は、初めての参加者が多いのが特徴です。会場になっているお店に興味があって、何人かの同僚と連れ立って食事がてら参加してみた、といった人たちです。気軽な参加動機なので、いきなり仕事の具体的な話を持ちかけるには向いていないかも知れませんが、その分フレンドリーな会話ができます。世の中の動きに敏感であることを求められる広告人にとっては、異業種の人たちがどんな関心やニーズを持っているのかを聞き出せる、絶好の機会と言えるでしょう。

実際に参加してみる前に、開催企業が公表している交流会案内をチェックするのも大切です。企業によっては参加者の了承を得たうえで、どのような職種の人が参加したかを、会ごとにリリースしているからです同じ交流会に続けて参加する人は多く、前回の参加者に金融系や不動産関係が多ければ、次回もそうした傾向が考えられます。参加したい交流会を選ぶときの重要な情報源になるので、すでに終わった会の情報もサイトやブログでチェックしておくべきでしょう。

まずは参加してみることが大事

異業種交流会のいくつかを見てきましたが、広告業界の人間はどの交流会でも人気なので、初めて参加してもコミュニケーションに困る事はそうそうありません。広告業界に就職や転職を考えている人なら、なおさらこうした会を人脈作りに活用できるはずです。

小規模で交流意欲の高い会にするか、賑やかなパーティータイプの会から始めてみるか、そこはそれぞれのニーズによりますが、広い視野が役に立つ広告人にとってはどの交流会もプラスになる事ばかりです。中にはわざわざ朝の時間に開かれている会もありますから、少し下調べをしたうえで、自分の目的に合った会に積極的に出向いてみるといいでしょう。


業界トップランナーによるトークセッションや、業界横断でネットワークを広げられ、ビジネスマッチングの機会にもなる交流パーティーなどのイベントを開催。毎週開催中!コミュニケーション業界人のための学びと交流プラットフォーム

【広告・PR・デジタル業界】交流会・セミナー・トークショーは、『BUDDYZ』にご参加下さい。

CATEGORY:コラム

DATE:2018-03-20

TAG: