コラム

広告営業の仕事とは


広告業界は就職活動や転職活動をしている人たちにとっていつの時代も非常に人気が高いです。特に文系出身の人にとっては広告業界の営業職は激戦区です。しかしながら、広告営業というのはどのような仕事をしているのかまだまだ広く知られていません。

テレビ局に出向いて自社のPRをすることが広告営業の仕事だと思っている人もいるのではないでしょうか。もちろん、そのような側面もありますが、そもそも広告営業は2種類に分類することができます。

自社メディア営業と広告代理店営業

1つは自社メディア広告営業です。これは自社でメディアを扱っていて営業部隊も備わっている企業に特徴的な営業です。代表的な企業はリクルートで、リクナビNEXTやホットペッパーなどのメディアとその営業部隊を抱えています。営業はスピード感を持ってクライアントのニーズを商品に即座に反映していきます。

もう1つは広告代理店営業です。自社のメディアを扱うのではなく、他社のメディアを扱う会社に特徴的な営業です。代表的な企業は電通やサイバーエージェントです。テレビ、新聞、ラジオ、インターネットのブログなどの複数のメディアを扱っていて、それらの広告枠をクライアントに提案します。クライアントの問題を解決するのに自社メディアしか使うことができないのであれば、選択肢が最初から限られています。広告代理店営業はさまざまな選択肢から最適なソリューションを提案するという営業スタイルです。

いずれのタイプの広告営業であっても共通点はあります。たとえば、いろいろなイベントを企画してクライアントのニーズに合致した広告を提案することや、電車の吊革広告や新聞の折込チラシを作成したりすることもあります。そうしてクライアントの商品をどのように売ったらいいのかを考えて、その考えを広告に反映させてクライアントの売上向上への貢献やイメージアップにつなげていくのです。

広告営業の面白味は?

広告営業のクライアントはさまざまな業界の企業なので、一概には言えませんが、業界ごとに仕事内容が変わってくるのが広告営業の面白いところでもあります。

たとえば、不動産業界においては、商品は住宅やマンションなどになりますので、折込チラシ、新聞広告、パンフレットを作成したり、住宅展示場を運営するなどして販売を促進します。また、食品業界においては、基本的にはテレビのCMの枠を取ることが多いです。テレビ局はタイムテーブルがありますので、どこの枠のCMを希望しているかをクライアントにヒアリングします。それからテレビ局に行って交渉して可能なCM枠をクライアントに提示します。この枠取りが最初にあって、それからCM制作に入ります。チラシやパンフレットなどの広告を作ることもありますので、営業職だからといってクリエイティブな側面はまったく不要というわけではありません。

ただし、広告営業をするのに必要な資格はありません。クライアントが海外の人でもない限り英語を使用することはありませんし、クリエイティブな分野で専門知識を要する場合にはクリエイターがいます。むしろ、必要なものは相手が何を求めているかを察知してそれを提案するコミュニケーション能力です。クライアントは商品をどのように売りたいかというイメージを漠然と持っていますが、それを形にしてこちらに伝えてくることは基本的にありません。そのイメージを具現化するのが広告営業の仕事だから当たり前です。

人の話を聞くことが出来る人は天職?

そういう意味では、人の話をよく聞くことができる人は広告営業に向いているかもしれません。ひたすら自分が話すばかりだと相手が何を欲しているのかわかりませんので、もしかしたら向いていないかもしれません。広告のデザインには時間と手間がかかって大変です。しかも、表現上の問題に加えて予算の問題も考慮しないといけませんので、より仕事を難しくさせています。しかしながら、その分だけクライアントの望みどおりの広告を制作して商品の売れ行きが上がったときには計り知れない達成感や充実感もあります。それから、自分が手がけた広告が目に見える形として世に出るということもやりがいが感じられる瞬間でしょう。ほかにも、広告営業はさまざまな部署の人と関わってチームで仕事をしていきますので、クリエイターの人たちとの交流の中でほかの職種では味わえない刺激を与えてもらえるというのも仕事の面白さでしょう。

広告営業の平均年収については、570万円から670万円です。一般的なサラリーマンの平均年収が350万円から400万円程度なので、2倍近くもの給料をもらっていることになります。したがって、高給取りの職種であることには違いありません。

新卒採用であれば20代の頃はほかの業界や職種の人とあまり変わりません。せいぜい月給で25万円程度でしょう。しかし、30代くらいになると少しずつその差が広がっていって30万円から35万円になっていき、40代を超えるときには40万円を超えてくるのが一般的です。


業界トップランナーによるトークセッションや、業界横断でネットワークを広げられ、ビジネスマッチングの機会にもなる交流パーティーなどのイベントを開催。毎週開催中!コミュニケーション業界人のための学びと交流プラットフォーム

【広告・PR・デジタル業界】交流会・セミナー・トークショーは、『BUDDYZ』にご参加下さい。

CATEGORY:コラム

DATE:2018-03-25

TAG: