コラム

広告代理店はいったいどんな仕事をしているのか?


広告代理店という言葉はよく耳にしますが、実際にどのような仕事をしているのかが分からないという人も多いのではないでしょうか。それもそのはずです。なぜなら広告代理店の仕事は一般向けではないので、携わっている人ではないかぎりほとんど未知の世界となってしまうからです。

広告代理店は、広告を扱う会社の総称のことです。企業間取引を主に行っているため、一般の人に商品を販売したり、サービスを案内するわけではありません。広告を出して広く宣伝をしたいというクライアントと、情報を発信する媒体を持つテレビや雑誌などのメディアとを繋ぐ仲介役が広告代理店の役割なのです。

広告代理店の仕事の流れは?

では広告代理店に入ったらどのような流れで仕事を行うのでしょうか。広告ができるまでにはいくつかのプロセスがあります。まずはクライアントによるオリエンテーションで、企業がどのようなものを宣伝したいのかという説明を受けます。商品そのものの魅力だけではなく、どんな人をターゲットにしているのか、また特に売り出したいポイントや他社との違いは何なのかなどの内容をしっかりと聞きます。クライアントが説明した内容のみでは上手く魅力が伝わらない場合があるので「もっと強い印象を与えるポイントはないか」を考えながら聞き、積極的に質問をすることができるようにするのも大切です。

クライアントが代理店に直接依頼をすることもありますが、ほとんどの場合が複数の代理店が集まっている場でオリエンテーションを行い、それに参加した代理店が広告案を提出するというのが一般的です。たくさん提出された広告案の中から、クライアントが依頼先を決定するという流れなので、代理店は仕事をとるために広告案をしっかりと作成することが求められます。

次にどんな広告にするのかという基本方針を決めていきます。宣伝したい側の気持ちを汲みとって方針を決めていくことが、良い広告作りにも繋がります。

方針が決まればいよいよ制作です。チームを組み、クライアントからの要望などを考えながら立案作業を行います。課題があればそれに関する戦略を練ったり、デザイン画を作成したりなど制作のために必要な下準備を行います。これらを一度クライアントに見てもらい、採用されたら本格的な制作です。クライアントが指定した制作会社に外注する場合もありますし、代理店側が決める場合もあります。

無事に広告が完成したら、最後はクライアントに納品をします。ここまでが一連の流れとなるのですが、やり方は広告代理店によってもクライアントによっても若干異なります。

広告代理店に求められるものとは?

広告代理店に勤める人間に求められるものとは何なのでしょうか。それはコミュニケーション能力です。提案力や広告案の作成能力などももちろん大切なのですが、広告代理店の大きな特徴は社外の人間と関わって仕事をしていくことです。そのためクライアント側ともメディア側とも良好な人間関係を築いていくことが、仕事を獲得することや良い広告を生み出していくことに繋がります。

ビジネスは1人の力だけでは成長にも限界があります。しかし人脈を作り、仕事をくれる人や手伝ってくれる人などを見つけておくことで、より多くの仕事と出会うことができビジネスパーソンとしての成長もできるのです。だからこそクライアントに対しては仕事をもらえたことに感謝をしながら接することが大切ですし、メディアに対しては良い広告作りのために協力してくれたことを感謝しながら接することが大切です。関わっていく人すべてに感謝の気持ちを持ちながら仕事に取り組むことで、周りの人間も気持ちよく仕事をすることができます。そしてまた依頼したいことがあれば「前回と同じ代理店に依頼しよう」というようにリピートしてくれる可能性も出てきます。この良い循環が会社の発展にも繋がりますし、個人の能力を上げることにもなります。

人間同士で仕事しているということを大切に

世の中にはいろいろな人間がいるので、優しいクライアントばかりではありません。時には無理難題を押し付けてくるクライアントもいますし、メディアに関しても自分たちのやり方を貫こうと独走してしまうことは珍しくありません。こういった人々の意見をどうまとめていくのか、そしてどう関わっていけば円滑に事を進めることができるのかと頭を悩ませる場面もあるでしょう。しかし、忘れてはならないのは「人間同士で仕事をしている」ということです。悪口や文句ばかり言っていても良い仕事はできないので、どんな場面でも大人な対応ができる人は広告業界では好まれます。

現在ある人脈を頼ることも大切ですが、よりビジネスを成長させていくのであれば新しい人脈作りも大切です。親しい人から紹介してもらったり、ビジネスパーソンの交流の場に積極的に赴くようにするのも仕事のうちです。ただ言われた仕事だけをこなすようでは発展しない業界なので、常に向上していくことを考えながら取り組むことが広告業界で成長していくためには必要不可欠です。


業界トップランナーによるトークセッションや、業界横断でネットワークを広げられ、ビジネスマッチングの機会にもなる交流パーティーなどのイベントを開催。毎週開催中!コミュニケーション業界人のための学びと交流プラットフォーム

【広告・PR・デジタル業界】交流会・セミナー・トークショーは、『BUDDYZ』にご参加下さい。

CATEGORY:コラム

DATE:2018-04-11

TAG: