コラム

誰もが気になる広告業界トップ企業の年収は?


広告業界の年収は最も高い給料が支払われている業界だと言われていますが、その実態はどのようになっているのでしょうか。広告業界の平均年収はおよそ600万円です。一般的なサラリーマンの年収が400万円前後であることを考慮すると、やはり給料が高いというイメージどおりです。年齢別に月給を見てみると20代なら25万円から30万円、30代なら35万円から40万円、40代なら45万円前後となっています。

広告代理店の主な仕事内容としては、クライアントから希望を聞いてその内容に基づいた広告を作ることです。広告をつくるといってもデザインの問題だけでなく、どのような宣伝文句を使うか、その宣伝文句にきちんと根拠はあるのかなど、事前調査も徹底的に行う必要があります。しかも、宣伝する商品やサービスがそのクライアント独自のものなら広告をつくることは比較的容易ですが、実際にはライバル商品との差別化をする必要があるケースが一般的なので、ライバル企業のことも意識した広告を提案しなければいけません。そのため、マーケティング、デザイン、コピーライティング、営業力など幅広いスキルを持っていることが広告代理店で働く上で求められます。

広告代理店で一番高い給料の職種は?

もちろん、自分1人でこれらのスキルをすべて持っている必要はありません。基本的に広告は分業体制で作られるからです。コピーはコピーライター、バナーデザインはデザイナー、営業は営業職などに任せてチームで動きます。しかしながら、だからこそ、それぞれがどのように動いているかを把握する視点も重要なので、いろいろなスキルを持っていて損はありません。

広告代理店でもっとも高い給料をもらっている職種は何でしょうか。企業によって異なりますが、営業職であることが多い傾向にあります。広告業界の営業職の求人情報を見てみると、中途採用なら月給が25万円から40万円というのが一般的な相場です。給料に幅があるのは、中途採用の場合にはその人の年齢、スキル、経験などによって給料が左右されることが多いからです。一方、新卒採用であれば20万円から25万円で安定しています。勤続年数が増えるごとに昇給していって、30代になれば年収が500万円を超えるということが一般的です。

日本の広告業界を牽引している企業の年収は?

それでは日本の広告業界を引っ張っている代表的な企業の年収はどのくらいなのでしょうか。まずは国内の広告業界で首位の座に座っているといっても過言ではない電通を見てみましょう。電通はテレビ広告だけでなく、ネット広告にも積極的でアニメ映画の作品にも関わっていて、事業分野が非常に多様であることを特徴としています。その平均年収は約1200万円です。売上高を伸ばし続けて広告業界を牽引している企業としてふさわしい給料でしょう。

また、博報堂も電通と並んで大手の広告代理店です。平均年収は約1050万円です。こちらもサラリーマンの平均年収の2倍以上です。ただし、広告業界は給料が高いと言われていますが、平均年収1000万円を超えている企業はこの2社だけです。それからアサツーディ・ケイも忘れてはいけない企業です。こちらは平均年収が750万円となっていて、一般的なサラリーマンの2倍近くの給料を稼いでいるので十分高給取りでしょう。さまざまなアニメの制作に関わっていますので、アニメーション制作ができることが大きな強みとなっています。

デジタル領域ではやはりあの企業がトップ!?

そして、そのアサツーディ・ケイとほぼ同じくらいの平均年収のサイバーエージェントもあります。平均年収は約720万円ですが、売上高だけを見るとアサツーディ・ケイの方が約1.5倍程度高いので、小規模ながら従業員に高い給料を出す広告企業として有名です。テレビ広告というよりもインターネット広告に力を入れている広告代理店です。

最後は、同じくネット広告事業に注力しているGNUです。こちらは平均年収は約640万円となっています。以上、具体的な企業とともに平均年収を見てきましたが、いずれも高い給料が支払われていることがわかったのではないでしょうか。

業界未経験でも20代であればチャンスあり

広告業界に限らずに、どのような業界のどのような職種であっても、年齢を重ねるたびに年収が上がっていく傾向があります。そして、広告業界とそれ以外の業界では年代を追うごとに、その平均年収の差は広がっていっています。20代であれば企業が中途採用を積極的に行っていますので、業界未経験者でもチャレンジすることができるポジションはたくさんあります。

もし興味があるのであれば、一度転職サイトに登録してみて応募してみるのもいいのではないでしょうか。もちろん、30代以上の人にもチャンスはあります。たとえば、営業職ならこれまでの法人営業の経験やコミュニケーション能力があれば応募してみる価値はあります。コピーライターやデザイナーなどのクリエイティブな部門を志望している人であれば、過去の制作実績をPRしてみましょう。未経験で制作実績がなくても、それらのアシスタントとして応募してみるのもチャンスにつながるかもしれません。


業界トップランナーによるトークセッションや、業界横断でネットワークを広げられ、ビジネスマッチングの機会にもなる交流パーティーなどのイベントを開催。毎週開催中!コミュニケーション業界人のための学びと交流プラットフォーム

【広告・PR・デジタル業界】交流会・セミナー・トークショーは、『BUDDYZ』にご参加下さい。

CATEGORY:コラム

DATE:2018-04-16

TAG: