コラム

『リフレッシュ上手&口臭ケアは業界人の基本! 業界人が最も好きな「ミントタブレット」ランキング

ミントランキング

仕事の合間の気分転換や、大事な商談の前の口臭ケアに必須! 「ミントタブレット」は、スタイリッシュに仕事をこなす“デキる業界人”のたしなみです。ミントの清涼感や刺激の強さ、ケースの形状など多彩なラインアップの中で、業界人からもっとも頼りにされているタブレットは王道か、それとも期待の新商品か、調査をしてみました!(ホールハート調べ/調査期間:2015.8.21~9.10/調査対象:広告・インターネット業界で働く20~40代の男女50名)

 

1位 フリスク(クラシエフーズ) 得票数:17

今回の調査で王者に輝いたのは、毎回斬新なアイデアのCMが注目を集めるフリスク。刺激強めで気分スッキリのミントタブレット。定番のペパーミントをはじめ、フレーバーが多数存在するようになり、パッケージの配色もカラフルに。最新のフレーバーは、なんとエナジードリンク。ホールハート社内でもダントツの人気で、デスクの引き出しに入れているスタッフも多数いました!

ミントランキング

(成分)1製品(7g)当たり
熱量 21kcal/たんぱく質 0g/脂質 0g/炭水化物 7g/ナトリウム 0mg/糖類 0g

なんで好きなの? みんなの評価コメントをご紹介!

・知名度があるし、いろんなフレーバーがある。ケースサイズもちょうどいい。

・パッケージがお洒落だし、持ってるとかっこいい感じがする。

・広告がかっこいい! いいアイデアが生まれそうだし、味がいっぱいあるから2個持ちしてます。

・たいていポケットに入っていて、一息つきたいときの必需品になってます。

・価格が高過ぎず安過ぎず、そのブランド感がいい。

 

 

2位 ミンティア(アサヒフードアンドヘルスケア)得票数:11

目覚まし系のミント系から味を楽しむフルーツ系まで、とにかく多彩なフレーバーがうれしいミンティアが第2位に。2015年9月7日には、新しいフレーバー、ミックスシトラスフィズが発売された。求めやすい価格帯も人気の理由のひとつで、名刺サイズのスリムな容器を、胸ポケットに入れているという人も多い。

ミントランキング

(成分)1製品(7g)当たり
熱量24 kcal/たんぱく質/0~0.1 g/脂質0~0.7 g/炭水化物6.6g/ナトリウム0 mg/糖類0 g

なんで好きなの? みんなの評価コメントをご紹介!

・なんと言ってもコスパがいい。アポイントの前や一息つきたいときに重宝している。

・刺激が強すぎず、スッキリ感と味のバランスがちょうどいい。

・いろんな味が出るから毎回楽しみ! 小腹がすいたときに食べたりもしている。

・集中したいときには欠かせません。

 

 

3位 クロレッツ ミントタブ(モンデリーズ・ジャパン)得票数:6

ガムでおなじみの「クロレッツ」はタブレットでも安定的な人気。他社商品との圧倒的な違いは、1粒で10分間息が爽やかという持続性。スッキリ系のガムで信頼性を勝ち取っているので、ガムのファンがそのままタブレットも愛用しているケースが多数。

ミントランキング

(成分)1製品(22.5g)当たり
熱量68.1kcal/たんぱく質0.1g/ 脂質0.1g/ 炭水化物 22 .1g/ ナトリウム0mg/ 糖類0g

なんで好きなの? みんなの評価コメントをご紹介!

・ケースがオシャレだった。刺激が強くないから自分の好みに合っている。

・昔からガムを知っているから、クロレッツ以外考えられない。

・ガムを愛用しているので、エチケットと言えばクロレッツと勝手に思い込んでいます。

・仕事中、煮詰まったときの気分転換用にぴったり。

 

ちなみに、4位以下にランキングされたのは…

ブラックブラックタブレット(ロッテ)

メントールの刺激と清涼感が一番強く、運転中や仕事中の目覚ましに最適。

 

BREO SUPER(グリコ)

舌磨きに着目したタブレット。朝の通勤時や人と会う前のエチケットにおすすめ。

龍角散のどすっきりタブレット(龍角散)

あの老舗のど飴ブランド龍角散のタブレットが見事ランクイン! ミントの清涼感はもちろん、龍角散のハーブパウダーもギュッと凝縮。シュガーレスなのもうれしい。

ミント系タブレットの王道、『フリスク』と『ミンティア』の王道2商品が1位、2位を獲得しました。どうやら、知名度の高さがそのまま製品の信頼感に繋がっていたようですね。新しいフレーバーも続々登場していて、今後の展開にも期待ができそうです。一方で自社ブランドのガムを応用してタブレット化した新商品の開発が、各社で積極的に進められている傾向も。もともと持っているブランド力が果たしてタブレット市場でも応用できるのか、今後の伸長にも注目です。

 

実は今、広告代理店や広告制作会社では業界経験者は勿論、業界未経験者も積極的に採用しており、 就活の際に広告業界を志望していた方、企画力・マーケティングスキルを高めたい方など、多くの業界未経験の方々が、日々転職を実現しております。

コミュニケーション(広告・PR・デジタル)業界の転職支援

広告・PR・デジタル業界の転職相談は、『アドベンチャーズ』にお任せ下さい。(無料)

CATEGORY:コラム

DATE:2015-09-29

TAG: