イベントレポート

デザイナーの育ち方、育て方講座。~DODO DESIGN 師弟トークショー~

グラフィックデザイナーって有名になれるの? アートディレクターってどうすればなれるの? グラフィックデザイナーを目指す学生や若手デザイナーが抱くキャリアの疑問に答えるべく、BUDDYZでは「デザイナーの育ち方」をテーマにトークショーを開催しました。

登壇したのは、大胆なアイデアとユーモア溢れるクリエイティブで数々の広告を手掛ける株式会社DODO DESIGNの代表取締役社長・クリエイティブディレクターの 堂々穣(どうどう・みのる)氏、そして同社のアートディレクター 長谷川和彦(はせがわ・かずひこ)氏。長谷川氏がアートディレクターに昇格した軌跡たどりながら、熱いデザイン談議が繰り広げられました。

 

デザイナー初仕事は、築地へ買い出し⁉

BUDDYZ 長谷川さんはどのようにしてDODO DESIGNと出会ったのですか?

長谷川氏 もともと大学時代は建築を学んでいました。DODO DESIGNを知ったのは、今から5年前、大学卒業後にデザインの勉強がしたくて入学した専門学校ででした。そこでDODO DESIGNに魅力を感じて、学校に通いながら週に2日のアルバイトとして入社しました。

堂々氏 最初は、マンションの小さな一室をオフィスにしていたんです。本当に普通の家みたいな感じで。怪しいと思われても仕方のないぐらい狭くて古いマンションだったのに、よく入社してくれたと思います(笑)。

BUDDYZ 長谷川さん、初めて取り組んだ仕事を覚えていますか?

谷川氏 JR東日本の地産品ショップ『のもの』のフリーペーパー制作です。表紙に「うに」の写真が必要だったので、築地に「うに」を買いに行きました。だから一番最初の仕事はデザインではないんです(笑)。

堂々氏 当社では、デザイナーがありとあらゆること、トータルプロデュースをするんです。ロケハン、モデル事務所との交渉、小道具準備、スケジュール管理など。仕事を動かす、問題を解決する、それがアートディレクションだと思うので。だから当社では、入ったその日からアートディレクターというつもりで仕事の全体を見渡して動いてもらっています。

長谷川氏 正直、入社する前は、デザイナーがまさかこんなことまでやるとは予想していなかったですね(笑)。

DODO DESIGN入社後初めて担当した仕事を振り返る長谷川さん(右)。左はモデレーターのBUDDYZスタッフ

BUDDYZ 手掛けた作品をメディアに宣伝することも積極的にやっていますよね? それもデザイナーさんがやっているそうですね。

堂々氏 はい、広報活動としていろんなメディアの関係者に宣伝することもデザイナーの仕事にしています。忘れられないように顔つなぎをするんです。これはデザイン会社の激戦区である東京で勝ち残るためには必要なこと。仕事はいかにコネクションがあるかで決まると思うんです。コネだと思われるかもしれないけど、コネも実力のうち、いかにしていろんな人とつながるのかが大事なんですね。今回長谷川が表紙のデザインを手がけた『ブレ―ン』にも、作品を掲載してもらうために定期的に成果物を持っていくようにしていました。

長谷川氏 最初は、とにかく失礼のないように丁寧にご挨拶をして作品を紹介するということをただやっていました。『ブレーン』の編集長、篠崎日向子(しのざき・ひなこ)さんはとても忙しい方なので、ご本人にお会いできないこともありましたし。でも編集長からデザインページの制作依頼をいただいたときに初めて、社内の広報活動として続けてきたことの大切さを実感したんです。

堂々氏 「DODO DESIGNでお願いします」という依頼ではなくて、「長谷川さんにやってもらうのはどう?」という指名の依頼でした。これは毎回長谷川が訪問をしてコミュニケーションを取っていたからこそだと思います。

 

アートディレクターへの昇格、
決め手は「信頼できる」こと

DODO DESIGN印刷にこだわったDODO DESIGNの名刺は印刷見本としても活用できる。

BUDDYZ アートディレクターに昇格するのに何か決定打はあったのですか? たとえば「これが出来たら昇格できる」など目安が設定されているとか。

長谷川氏 まずはチーフデザイナーに昇格しました。チーフは現場のデザイナーの健康管理や進行で悩んでいたりなど、悩みを相談する目上の兄貴のような存在です。僕の場合、チーフになってからアートディレクターになるまでに時間がかからず、特にテストみたいなものもありませんでした。個人面談の時に昇格の話をされただけで。僕は入社するときに履歴書に「自分の名前で仕事をしたい」と書いていたので、一段階段を上がれたかなと思っています。

堂々氏 長谷川は総合評価が高かったんです。クリエイションという面ではスキルが高いデザイナーは他にもいるのですが、信頼という面で長谷川は評価が高かったんですね。あとは、見た目の部分もあります。かっこいいとか、かわいいということではなくて、きちんと身なりに気を遣えているかどうか、ちょっとでもおしゃれしてみようかなと思うかどうかなども大事だと思います。

BUDDYZ 堂々さんから見て、アートディレクターになった長谷川さんは変わりましたか?

堂々氏 特に変わっていませんね(笑)。まだまだですよ。アートディレクターって、自分で決めるものじゃなくて、周りが決めることですから、「堂々さんではなく長谷川さんにお願いしたい」と思ってもらえるまで成長してほしいです。

デザインは始めて10年~15年はベースづくりです。たとえば佐藤可士和さん(クリエイティブエージェンシー「サムライ」代表)みたいな、若い時から大活躍するようなすごい人はめったにいないから、地道に時間を掛けて積み上げていくしか方法はありません。

BUDDYZ 長谷川さんが制作した『ブレーン』のデザインページですが、自分の好きなようにデザインできる案件はとても貴重ですよね?


DODO DESIGN
『ブレーン』の編集長から直々に制作依頼があったデザインページ。

長谷川氏 はい、この案件はすごく貴重な機会だと思います。事前に一度別のデザインで堂々に見てもらったのですが、「自分の名前で出すものだから、自分が好きなものを突き詰めたほうがいい」と言われてこれをつくりました。

この号は地域のデザインという特集だったので、地域という文字を分解してつくりました。文字を分解するデザインを学生のときからやっていて好きだったので、自分の好きな表現に立ちかえってみようと思ったんです。

BUDDYZ 長谷川さんへのオファーですが、やはり堂々さんが目を通すんですか?

堂々氏 DODO DESIGNの社員として作品を出すので、一定のクオリティを保つためにある程度は私が見ますが、一番大事なのは長谷川自身のオリジナリティだと思うんです。その人にしかできないもの、その大切さに気づいてもらいたいし、これからデザインの道を歩んでいく人にも学んでほしいことです。クライアントの意向などもあって一回はへこませられることもあると思いますが「これが好き」という自分のカルチャーを大事にしてほしいですね。

 

謙虚に、気持ち良くが基本。
やらされるのではなく自ら感じる教育

BUDDYZ DODO DESIGNにお邪魔すると社員の皆さんがすごく気持ちのよい応対をしてくれるのですが、やはり教育は厳しくされてるんですか?

堂々氏 僕の立場から言うと、社員に対しては「仕事をやってもらっている」という感じなんです。頭が下がるというか。その中でみんなが勝手に育ってくれているという感じもしますが、一緒に働き共に戦いながら気を付けていることはあるので、少し紹介しますね。

【率先垂範】
自ら先頭に立って一生懸命やる、みんなに背中を見せる、というのが人を育てる上でベースなんじゃないかと思っています。指導や教育は一方的に伝えてもある程度しか伝わらない。大事なのは本人が自分で気づくことなので、そのために私が自ら行動を起こして見せるようにはしています。だから私もトイレ掃除をしてるんです(笑)。

【限界まで追い込む】
ちょっと怖い話ですが、これも大事です。いいものつくろうと思うなら、限界に挑戦した先に、いいことがあるはずなんです。それから、働き方も大事ですが、それよりも働き甲斐の方がもっと大事。ただ働き方がよくなっても何も変わらないし、その人のためにならないと思うんです。最初の10年~15年くらいは特に頑張らないと。だから健康に気づかいながらも、結果として長時間労働になってしまっていることはあると思います。

【謙虚である】
どんな立場であろうとも、常に謙虚でいることを心がけています。約束を守る、打ち合わせではきびきび挨拶をする、常に謙虚でいるなど、一般的なことですが。

【継続させる】
社員が会社を辞めないように環境を変えるなどの工夫をします。働いている人たちが「この会社面白いな、居続けたいな」と思うようにすることもそのひとつ。もちろん金銭面でのバックアップも大事なことだと思っています。

【大目に見る】
細かいことは気にしません。未来進行形で考えています。今のその人の能力ではなく、成長した後を踏まえて判断します。

【話やすい環境をつくる】
上司と部下の関係なのですが、笑いを取ったりして明るい環境になるように心がけています。意外と気を遣っているんですよ(笑)。 共に戦っているので、困ったことがあれば話を聞くし、話かけるようにしています。それでもあめとムチで、厳しく指導することがその人の為になると思っているので、臨機応変に厳しいことを言うこともあります。

長谷川氏 僕らは特に堂々から「こうしろ、ああしろ」と細かく言われたりはしません。ただなんとなく、「こうしたほうがいいのかな」という雰囲気がある。「やらされている」というよりも、背中を見て覚えたという方が近いかもしれません。

BUDDYZ デザインの技術的なことだけでなく、社会人として、人としての部分も自然と成長しているのですね。DODO DESIGNの皆さんがすごく礼儀正しくて丁寧に対応してくれる理由がよくわかりました。

DODO DESIGN 当日はDODO DESIGNの作品を手に取れるように展示しました

 

参加者からの質問タイム

トークの終盤は、参加者の皆さんから質問コーナーへ。その中からいくつかご紹介します。

Q. DODO DESIGNのお仕事はオリジナリティあふれるものが多いと思うのですが、保守的なクライアントとのお仕事でもオリジナリティのあるデザインが選ばれる要因は何ですか?

堂々氏 相手の話をよく聞くことです。クライアントは何がしたくて、何をつくりたいのかをよく聞いてよく考えるんです。どんなに面白いアイデアでも、クライアントが求めているゴールに届かなければ納得してもらえません。だから、お客さんが求めているフィールドの中で提案することが大前提なんです。

それから、クライアントから言われたことをネガティブに捉えません。難しいことを言われたら、逆にそれを「絶対良いものをつくる!」というエネルギーに変えるようにしています。だからクライアントから言われたままのことはやりませんね。

 

Q. 長谷川さんに質問です。新卒で入社して5年、違う会社に転職せずにDODO DESIGNに居続ける理由は?

長谷川氏 確かに友人の中で、新卒1社目の企業でまだ働いているという人はいませんね。私が今の会社を辞めなかったのは、少なくとも同じ会社に2年~3年はいないと、できるようにならないと思っていたからです。

それから、もともと入社したときにいつか独立したいと思っていて、たぶん堂々はそれをくみ取ってくれているんだと思います。仕事をこなす中で、私の部署みたいなものをつくれるといいねという話がだんだんできるようになってきたので、そういう場を与えていただけるなら続けていたいと思っています。

 

Q. デザイナーになりたい人が、デザインのノウハウをまだ何も知らない段階からやっておいたほうがいいことは?

堂々氏 タイポグラフィですね。デザインのほぼ90%はタイポグラフィです。文字のデザインさえバシッと決まっていれば、多少へんてこな写真やコピーだったとしても成り立つこともあるぐらい。だから、文字にこだわって練習してほしいですね。

それから、私が若い頃に、佐藤卓(さとう・たく)さんというアートディレクターの大先輩に「デザイナーとして大事にしていることは何ですか?」と聞いたことがあります。そのときに教えていただいたことが2つあるので、それを伝えます。

ひとつは「文字にこだわること」。「もし文字にこだわらない先輩がいたら、その人は信用するな」とおっしゃっていました。デザインにおいて文字というのは本当に大切なんです。そしてもうひとつが「常にニュートラルにいること」。これは、つねに柔軟な頭で、中立な立場にいなさいということですね。

今回のイベントでは、DODO DESIGNの作品を参加者の皆さんが手に取って見れるように展示台をつくりました。見たことのある広告やプロダクト、クオリティの高い作品に参加者の皆さんは興味深々の様子。これからのデザイン業界を担っていく皆さんにとって、有意義な時間になったようです。

BUDDYZではこれからも、クリエイティブ業界で働く方、目指す方を対象としてイベントを開催する予定です。ご興味のある方は、ぜひご参加ください。皆様にお会いできることを楽しみにしています。

Profile
◆堂々 穣 (DODO DESIGN 代表/アートディレクター)
デザインで人に感動してもらったり、心をつかみたいと思っています。 1974年生まれ、東京工芸大学芸術学部デザイン学科卒業。たき工房、BRIDGEを経て、2012年にデザイン会社DODO DESIGN設立。生活をより豊かに楽しくするHaveFunというデザイングッズのブランドを運営。

これまでの主な仕事: JR東日本地産品ショップ「のもの」シンボルマークデザイン、東急百貨店「トウヨコハチコウ」キャラクターデザイン、ダイハツ「TANTO」やアサヒビール「アサヒオフ」広告キャンペーン、アイセイ薬局「ヘルスグラフィックマガジン」アートディレクション、ミュージシャン「GOOSE HOUSE」アートワークなど。
主な受賞歴: GOOD DESIGN賞、NY ADC賞、毎日広告デザイン賞、読売広告大賞、交通広告グランプリ、他受賞多数。

 

CATEGORY:イベントレポート

DATE:2017-09-27

TAG: