コラム

CMOって何?マーケターとしてのキャリアを考える

マーケターにとって、自分の勤務する企業がCMO職を置いているかどうかは重要。

マーケターのキャリア構築を考える場合、キャリアの組み立て方において重要な要素になるのが、自分の勤務する企業がCMO職を置いているかどうかという点です。実際に、CMOの有無によって企業におけるマーケティングの捉え方や、マーケター自身のキャリアパスが異なってくるからです。

企業が展開するマーケティング施策を全体的に統括しているCMOは、「Chief Marketing Officer」の略称で、米国の企業に置かれている場合が多い幹部役員職です。

日本国内でも今後増加すると予測されていますが、現時点では外資系もしくはネットビジネス系の企業の他には、あまり見られません。

通常、CMOを設置している企業では「売れる」仕組み作りとしてマーケティングを捉えています。このような企業のマーケティング部門は、市場調査をはじめ製品の企画や開発、生産や営業、そして宣伝に至る行程に深く関わっています。

つまり、顧客の目線で考えた時に、より魅力的な製品になるようにブレーンとして機能しながら各工程を導いている訳です。このタイプの企業では、企業の経営全体にマーケティングが与える影響が大きいため、全社的なマーケティングを統括する目的でCMO職を置いていると言えるでしょう。

さて、CMO職を設置している企業の場合、具体的なキャリアパスの一例としては以下のようなものが考えられます。企業によってマーケターのキャリアパスが異なってきますが、ここでは消費財メーカーの例を取り上げます。

まず、マーケターが目指す最初の役職が「ブランドマネージャー」です。

ブランドマネージャーとは、簡単に言えばブランドの責任者。ブランドに関連するマーケティング戦略はもちろん、ブランディング戦略に関わる管理を行います。

市場調査や製品開発、販促活動まで全てのマーケティング施策に関わる立場なので、ブランドマネージャーの能力がその企業のブランドが成功するか否かの鍵を握っていると言えます。

優れたブランドマネージャーになりたいのであれば、マーケティングに関する知識に加えて、ブランドの責任者としての心構えが重要です。

ブランドマネージャーは、企画および開発、営業や宣伝などの他の部門と協力し合って、製品をゼロから生み出して育てていく立場にあります。当事者意識を持たずに、重要な局面で仕事を他人任せにするマネージャーには、他のスタッフがついて来なくなるでしょう。

その意味でも、しっかりとした心構えを持つ必要があります。企業においてブランドはまさに資産。ブランドマネージャーは、経営者の視点に立ってブランドが持つ価値を高め、経営戦略を推進して達成する役目を担っています。

マーケター出身者がCEO(最高経営責任者)に就任するケースも

商品の戦略を練るブランドマネージャーでマーケターとしての経験を積んだら、次のステップでは企業の全体的な利益拡大を目指す「マーケティングマネージャー」に就きます。さらに、調査およびブランドマネジメント、広告宣伝活動などのマーケティングに関連する分野を全般的に管理する「マーケティングディレクター」に就いた後、CMO職に至ります。

ちなみに、外資系メーカーなどでは消費者について熟知しているマーケターの出身者がCEO(最高経営責任者)に就任するケースが多く見られます。この他に、マーケターとしてのスキルをある程度身につけた時点で、マーケティング戦略の強化を目指している中小企業にCMOの待遇で転職する、というキャリアパスも選択可能です。あるいは、マーケティングコンサルタントという形で独立するケースも考えられます。

一方で、CMO職を設置していない企業では、マーケティングを広告宣伝として捉える傾向があります。従来の日本企業は、その多くがこのタイプでした。これらの企業では、マーケティングが関連する領域は、広告および宣伝分野に限られるため、CMOを設置する必要がありません。

そのため、このタイプの企業は殆どの場合、ブランドマネージャー職を設けていてもそれ以降の上級職は置いていない傾向が高いです。したがって、CMOを設置していない企業に勤めている人がマーケターとしてさらなるステップアップを目指したいなら、転職が選択肢にあがってきます。

転職先の候補としては、広告代理店における企画マーケティング部門や、マーケティング戦略を重要視している外資系企業、もしくはネットビジネス系の企業などが考えられます。

ただし、競争率が比較的高くなっている外資系企業に転職したいと考える場合は、ある程度の準備をしておく方が無難です。

例えば、まずネット広告代理店あるいはWebマーケティングの企業に転職してデジタルマーケティング技術を身につけたり、MBOを取得するなどの方法があります。

新たに転職した勤務先で実績を重ね、十分なキャリアを積んでからスペシャリストとして独立するケースも考えられますので、一つ一つステップアップしながらマーケターとしてのキャリアパスを組み立てましょう。

キャリアは副業で磨かれる!プロ人材の本業を活かした副業紹介サービス プロの副業
コミュニケーション業界(広告・PR・デジタル)に特化した転職コンサルタント シンアド転職

CATEGORY:コラム

DATE:2018-07-09

TAG: