コラム

意外と知らない!ネット広告代理店の基礎知識と仕事内容


広告にはオフラインとオンライン形式の方法があります。オフラインはテレビCMや新聞広告、ラジオCMや街に設置されている屋外広告などです。オンライン広告はFacebookやTwitterなどのSNSや動画サイトにあり、利用者のニーズに応えられる広告を打ち出しています。

オフラインは昔ながらの方法で不特定多数の人に商品やサービスをアピール出来ます。オンラインはターゲットを絞り、アクセス数やアクセスした時間帯などを分析してアピールしたい人物に向けて宣伝をする事が可能です。本当に訴えたい人に商品やサービスをアピール出来るので、オンライン広告の市場規模は拡大傾向にあります。

またパソコンやスマホの普及によってインターネットがより身近な存在となり、オンライン広告の効果が結果を出している事で注目を集めているのです。インターネットで見かけた広告をクリックすると企業の公式サイトや商品の購入ページ、サービスの内容を説明したページに移ります。消費者は商品購入や資料請求のアクションを起こしたり、来店予約をします。これによって売上を伸ばしたり、お客様の獲得に繋げるのです。

ネット広告代理店とは

インターネット広告を扱っているのがネット広告代理店です。オンライン広告出稿のサポートをし、クライアント企業の要望を聞き出して実行します。企業が認知度アップを狙っているのか、売上や来客数増加を希望しているのかによって企画を立案します。どの層にアピールするのかも細かく聞いて運用する役割もあるのです。

ネット広告代理店には二つの種類があり、総合広告代理店と専門広告代理店です。総合広告代理店はオフラインやオンラインの広告を幅広く受け付けており、メディアの媒体にこだわらずにありとあらゆる宣伝をします。複数のメディアを駆使して一定の予算でアピールするのが強みです。経験も豊富で、幅広い知識があるので依頼者も多いのが特徴的です。専門広告代理店は一つの媒体に絞ってサービスを提供し、理想的な費用対効果を生み出します。専門的なノウハウを持ち合わせているのが総合広告代理店との違いです。

ネット広告代理店の主な仕事の流れはクライアントから依頼を受けるとヒアリングをします。ヒアリングから企業側の要望を聞き出し、それに合わせて企画やスケジュールを立てます。代理店が考え出した予算や媒体、広告形態や宣伝文句などを伝えて依頼者から了解を得ると本格的にプロジェクトが始まるのです。代理店はあくまでも運用をメインとしているので、動画や画像などの素材は協力企業などと連携して準備します。プロジェクトの途中でもクライアントに確認を取り、進行状況をチェックして貰いながら進めます。運用して成果が出ればその結果を報告して、あまり効果が無いなら改善点を提案する流れです。

代理店には様々な職種が存在

代理店には様々な職種のスタッフが関わっていて、一つのプロジェクトを支えています。

営業職であるアカウントプランナーは広告主からヒアリングをし、広告配信戦略の計画と提案を任せられています。社内だけでなく社外の調整も担当し、日程の調整や全体進行、取りまとめの仕事も関わります。企業の希望に添える様に様々な知識が必要となり、インターネット広告に関する知識がある事もポイントです。マーケティングデレクターは現状分析や競合する他社の分析をして広告配信の企画を立ち上げます。配信手法で要求に応えられる企画力が鍵となり、根拠を示せる具体的な理由も述べられる様に準備をします。

クリエイティブデレクターはバナー広告のデザインやライティングページの企画、設計や運用、改善の業務です。ディスプレイ広告やリスティング広告の基礎知識だけでなく、Webデザインの勉強も役に立つ仕事です。プランナーが担当しているのは動画広告やSNS広告の企画や運用、分析や改善をします。動画広告やSNS広告の制作は協力企業に助けて貰い、プランナーはデレクションを行うのです。動画広告やSNS広告を知り尽くしている事が大切で、スタッフへの指導力も大事です。

データアナリストは広告主の広告運用成績やアクセスデータの数値を分析し、より広告効果が最適な形になる様に工夫します。分析した数値データを基にプランナーやデレクターが企画を考案したり、配信設計やデザインをする仕組みなのです。統計学が必要で、数字に強い人材が重宝されます。

エンジニアはアドテクノロジーの開発の業務を行い、より精密なターゲティングが出来る様に技術開発をしているのです。

ネット広告代理店の仕事でやり甲斐を感じられるのは広告の成果が出て、クライアントから感謝される事です。自分達が作り上げた広告を通して世間にアピールし、その効果を肌で実感する事があります。また売上に直結している事から責任も生まれますが、その分緊張感を持って仕事が出来るのがメリットです。会議を重ねて良いアイデアが浮かんだり、他部署と協力しながら一つの作品を作る喜びもあります。


業界トップランナーによるトークセッションや、業界横断でネットワークを広げられ、ビジネスマッチングの機会にもなる交流パーティーなどのイベントを開催。毎週開催中!コミュニケーション業界人のための学びと交流プラットフォーム

【広告・PR・デジタル業界】交流会・セミナー・トークショーは、『BUDDYZ』にご参加下さい。

CATEGORY:コラム

DATE:2018-02-26

TAG: