コラム

業界の大事な存在!「広告代理店の営業職」ってどんな仕事?


広告代理店というと、一般的なイメージはCMや企業のイベントを製作・プロデュースする会社、といったところでしょう。事実その通りで、一番分かりやすいテレビ媒体を始めとして、紙媒体やネット媒体、またイベントや映画製作などの事業を通して、クライアントの宣伝と広告制作を行っているのが広告代理店です。

こうしたイメージが世間一般に流布しているため、代理店に勤めている人はたいてい「どんな芸能人と一緒に仕事をしたの?」と聞かれる事になるのです。

芸能人と一緒に仕事をする代理店社員はごく僅か

しかし、ここから先はイメージと実際が異なります。代理店の社員で芸能人と日常的に接触する部署の人間は、確かにいます。ですがそれは、企画部門などごく一部に過ぎません。広告代理店は他の業種と同じく、営業部門や経理部門、総務部門、人事部門などを専門にする社員がおり、それらの社員はデスクワークか営業回りが主な仕事です。

広告業界には1500社にのぼる数多くの企業が存在し、大変な数の社員と関係者が働いていますが、デザイナーやコピーライターなど「芸能人と一緒に仕事をする代理店社員」は全体の内のごく少数です。CMが一本出来るまでに関わる人のほとんどは、クリエイティブ部門ではない部署の社員たちになります。広告業界への就職を考えている学生は、この点をしっかり理解しておく必要があるでしょう。広告代理店には企画やデザイン部門以外にもたくさんの重要な部署があるのを踏まえ、ここでは社内の最重要部署のひとつである営業職の仕事内容について、少し詳しく見ておきましょう。

広告業界は、モノを直接売る仕事ではありません。モノやサービスを売りたい人(クライアント)を、広告や宣伝、ブランディングなどで手助けするのがメインの仕事になります。そこで営業は、クライアントと広告宣伝媒体を結び付ける役割を担います。テレビを例にとると、新商品を売り出したい企業とCM枠を売りたいテレビ局の間に立って、CM費用や放送時間帯、放送期間などを調整していくのです。企業から依頼を受ける場合と、テレビ局と専属的に契約したうえで営業をかける場合とありますが、いずれにしても両者の間に立つのが主な仕事になります。

「デキる広告営業」にテクニック次第でなれるってホント!?

このように、広告代理店の営業は自社製品を売るタイプの営業と違い、クライアントと広告媒体側を結び付けていくのが仕事です。具体的には、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・電車の中づり広告などの枠をクライアントに売り込み、契約が成立したら、実際の広告デザインや製作を他の部署に回していきます。クライアント側から依頼を受けて媒体側に持ち込むケースも、おおむね同じ形です。大きい代理店ならCMやポスター、雑誌などを自社の別部門や下請け企業で製作する場合がありますし、小さい代理店なら営業の社員自ら製作まで関わる場合もあります。

コミュニケーションを信条にするべき

近年急速に成長しているインターネット広告は、売り込みそのものをネットで行っているケースがあり、営業職の役割にやや変化が生じてはいます。ただ、現況の業界全体で言えば、営業は「外回り」、つまり椅子を温める暇のない外を飛び回る仕事と言っていいでしょう。

宣伝媒体がイベントであれば、現場に赴くのはもちろん、イベント関係者のつなぎ役として準備段階から当日まで24時間フル回転で東奔西走する場面が出て来ます。また雑誌やチラシの広告を製作したら、クライアントの意図に合っているか確認するために、深夜の印刷所に出向くこともあります。それぞれの仕事でデザイナーやクリエイター達と直接会い打ち合わせを重ねる作業は、クリエイティブとも見えるでしょう。とはいえ、営業の仕事の基本中の基本は、ここまで見てきたように「コミュニケーション」です。クライアントと広告媒体をつなぐことからまず始まって、関係者との折衝や製作の準備進行、顧客層へのアプローチ、人材の選定や予算調達まで、いずれも人と人の間に立って進めていく仕事ばかりです。他業種以上に広告業界の営業職は、コミュニケーションを信条にするべきでしょう。

人相手の仕事は正確がない、とよく言われます。コミュニケーション能力をいかに磨いても、常に成功するとは限らないのが営業職の常で、特に広告業界は関係者が多い仕事のため、難しい局面が頻繁に訪れます。しかし、そうした難局を乗り越えて宣伝広告を成功させたときこそ、何物にも代えがたい達成感が味わえるのです。クライアントも広告媒体側も、自力では宣伝広告を最後まで完成させられません。両者をつなぐプロである広告代理店があってこそ、商品やサービスの成功をもたらすことが出来ます。

営業職は、広告宣伝の最初のスタートに関われる、大事な仕事です。自分の存在なくしてこの広告の完成はありえなかった。やりがいをそんな言葉で表現する営業社員は数多くいます。外回りの最中、自分が関わったポスターが街中に大きく飾られているのを見て、「次も頑張るぞ」とこぶしを握る営業社員の存在が、広告業界を回しているのです。


業界トップランナーによるトークセッションや、業界横断でネットワークを広げられ、ビジネスマッチングの機会にもなる交流パーティーなどのイベントを開催。毎週開催中!コミュニケーション業界人のための学びと交流プラットフォーム

【広告・PR・デジタル業界】交流会・セミナー・トークショーは、『BUDDYZ』にご参加下さい。

CATEGORY:コラム

DATE:2018-02-27

TAG: