コラム

広告代理店で働く20代、30代の得られる年収は?

BUDDYZ一部コンテンツは当社転職支援サービス「シンアド転職エージェント」に随時移行中となります。

その為、移行予定記事の移行がすべて完了したタイミングで、本ページからは削除予定となります。

移行先URLはこちら
https://syn-ad.com/blog/141


広告業界に対して華やかな印象を持っている人もいる一方、仕事量が多いので激務だと感じる人も多いでしょう。しかし、広告業界は人気を集めている職種です。その理由の一つは、激務でも、それに見合うだけの給料が支払われているから。20代や30代で得られる給料はトップクラスで、大手の広告代理店に勤めている場合はボーナスの支給額も高いため、高い年収を獲得できていると言えます。

広告代理店での役割は主に営業、マーケティング、クリエイティブに分類されます。この3つが上手く機能することで企業としての業績が上昇するといえます。この業績への貢献度が給料やボーナスの支給に影響するので、自分のスキルを向上させるのが年収アップに対して効果的です。

広告代理店勤務・若手の平均年収

上記の通り職種は様々にありますが、広告代理店に勤務する若手の平均年収はおおよそ下記のようになります。

※( )内は全業界の平均、平成29年民間給与実態調査より

・20代前半…約360万円(平均約243万円)

・20代後半…約450万円(平均約318万円)

・30代前半…約480万円(平均約315万円)

・30代後半…約550万円(平均約313万円)


交渉術がとても大事

営業はクライアントとの窓口

クライアントの理想とするコンセプトはどのようなものなのか、具現化するにはどのような表現方法が必要かを折衝の中で引き出します。この折衝時にスケジュールの調整も行うため、余裕を持った仕事の配分ができるように行うのが重要です。

交渉を終えれば作品が完成するまでのプランを組み立てます。この役割をこなすためには交渉術とスケジュール管理の能力、プランナーとしての能力が求められます。特に交渉術は仕事に与える影響力が高いため、休日を消費してでも学んでおく方が良いでしょう。

市場調査を行うマーケター

広告は人に見てもらうものです。そのため市場調査が重要になります。マーケティングを行う人は徹底的に市場調査を行い、どのようなものが受け入れてもらいやすく高い評価を得られるかを考えなければなりません。

しかし、とにかく市場調査を行えばよいというわけでもないでしょう。どの層をターゲットにしたものを作り上げるかを先に考える必要があります。年齢層によって受け取り方が違いますし、男女によっても感じ方が違うでしょう。自分たちが狙っているターゲットだけに絞って市場調査を行うことで効率的な仕事が行えます。


新しい発想を探し求めておくこと

このマーケティングの仕事におけるスキルとしては行動力や分析力、企画力が求められます。インターネットで調査を取るだけでなく、外を出歩いて自分でインタビュー調査を行うような行動力があれば良い広告を作りやすくなります。

人の心理を読み取るような分析力もある方が良いでしょう。人の心理的な部分を分析できるようになっていれば、人に関心を持ってもらえるようなものが作り出せる可能性は高いです。

企画力を高めるには常に新しい発想を探し求めておくのがオススメです。新しい発想を持っていれば、クライアントを満足させられるようなものが生み出しやすいでしょう。

【この記事を読んでいる方にオススメ】

20代でいくら貯めてる?気になるみんなの貯金額!
【検証】「広告業界男子は派手でチャラい」は本当なのか調べてみた 

ワードセンスを高めていくこと

クリエイティブと呼ばれる役割では実際に広告を作り上げる作業を担います。

このクリエイティブの中で、さらにライティング部門とビジュアル部門に分類されています。ライティング部門では、CMや広告で表示される言葉を考えるのが仕事です。

文章で表現するためには語彙力が必要となりますから、読書で知識を深めておくのは効果的な作戦でしょう。日常的に言葉遊びを行ってみるのもライティングに必要な能力を成長させる方法としてオススメです。

人と会話するときに言葉遊びを使っていれば、面白いと感じるようなワードが見つかる可能性があります。ワードセンスを高めていけば年収のアップも狙えるかもしれません。


写真撮影を趣味にすること

ビジュアル部門ではデザインの能力が必要です。インパクトを与えるような色の使い方を研究しておくのが良いでしょう。背景色と文字色の組み合わせによって、全く違った印象を与えられます。

クライアントの希望やターゲットからの目線を考えながら作品を作る作業に取りかかることで、質の高い広告が完成します。ビジュアル的な部分はセンスが必要であり、この能力は高めることができないと考えている人もいるかもしれませんが、高める方法はあります。

そのスキルアップの方法として有効な手段が写真撮影を趣味にすることでしょう。

写真を撮るときには全体的な印象やモデルの配置、色のバランスなどを考えるケースが多いです。これは広告の作品作りに共通する部分です。

写真を撮影することによって文字やイラストの配置を考える能力が高まり、良いものが生み出せる可能性が高くなります。自分の撮影した写真を背景に広告を作る練習を行うのもスキルアップに繋がります。

どの役割にも共通して言えることは、スキルアップを行って仕事の効率を上げる働きが必要という部分です。仕事の効率が良くなれば仕事量が増えても激務だと感じにくくなります。仕事が上手くいく確率が高くなり、モチベーションも向上するでしょう。高いモチベーションを維持できるようになれば、積極的に残業を行うのもオススメです。

広告業界は繁忙期が多く、仕事量が多いため残業を行って仕事を消費していく働きも重要になっています。積極的に残業を行うことで給料やボーナスとは別に残業手当が支給されるため、年収が上がるというメリットが得られます。

BUDDYZを運営する株式会社ホールハートでは、マーケティング関連職の転職に強みを持つ転職支援と本業スキルを活かした副業紹介を行なっています。

マーケティング関連職の転職に強みを持つ転職支援について詳しくはこちら!

<本業スキルを活かした副業紹介について>
・副業をした方が良いとは言うけれど、何をしたら良いかわからない...
・自分のスキルを活かせる業務委託の仕事を副業ベースで見つけたい...
・本業のスキルを活かして、週1か月1くらいの隙間時間で副業の仕事を見つけたい...
・フリーランスで案件を安定させたい...

こんなことでお悩みの方は、是非プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」をご利用ください。

・ご紹介可能職種例
マーケティング、広報・PR、人事、エンジニア、デザイナー、新規事業、財務、営業・・・etc

 無料相談はこちらから!

CATEGORY:コラム

DATE:2018-03-22

TAG: