コラム

実は…広告代理店のデキる営業は残業が少ない?


広告代理店の請け負う仕事は幅広いものがあり、雑誌やイベント広告の企画・進行や、企業やネットショップなどの経営戦略に携わったりなど華々しいイメージがある反面、長時間の労働など大変であるというイメージを連想されやすいです。


営業は残業が多い仕事ではあるが…

広告代理店の仕事は実際にある商品を売って儲けるといった形ではありません。商品を開発したり売りたいと考えている人にいかに宣伝して売れば良いのかといった事をアドバイスし、広告媒体を扱う人たちとの繋ぎ役として活躍する仕事です。

例えば宣伝をしたい企業と雑誌社やテレビ局の間に立ち、どういった枠を取ってどう宣伝していくのかという事を2者の話を聞きながら調整をしたりするのです。

基本的には商品やサービスを売る企業やお店と広告媒体となる雑誌社やテレビ局などを相手にする事が多くなります。
 

営業の仕事というのは多くの人と接する事になります。

クライアントの業務形態はさまざまで、朝早くから仕事をしている所や、夜遅くまでという所などさまざまです。

2者あるいは複数の業者の間に立つ広告代理店の営業というのは相手の都合に合わせなければならなくなる事も多く、必然的に勤務時間が長くなる傾向になりやすいので、残業なども他の業界よりずっと多いといったケースも珍しくない状況です。

雑誌や新聞の折込広告などは発売日や折込する日までに印刷を間に合わせないといけない為、指定された期日までには入稿を済ませてしまわければならないのですが、最終段階で誤字が見つかったり印刷機械がトラブルで動かないと言った事も起こりえます。

そうなった時に間に合わなかったでは済まないので何としても間に合わせる為に手配を行わなければならず、日々のトラブルへの対処なども残業を増やしてしまう要因となっています。


デキる営業ほど残業が少ない?

こう書くと、ただ残業が長くて大変そうだとイメージしてしまいますが、実はデキる営業ほど残業が少なく早く帰る傾向が高いのです。

一般的になぜ広告業界が残業が多いのかというと、広告代理店の営業の場合、複数の案件を同時進行させる事が多いので、間に無駄な時間が出来てしまう事が多いのです。

時間の管理が苦手な営業の人だとそういった無駄な時間が原因で勤務時間が長くなるのに対して、案件同士の時間を上手く調整して無駄なく仕事が出来る人は少ない残業時間でしっかり結果を出しています。

自分の裁量で行えるメリット

営業の仕事は確かに大変ですが、結果さえ出せばかなりの部分を自分の裁量で行えるというメリットがあります。

自分の試したい営業方法や売込みを掛けたい企業、やりたいイベントなどを空いている時間に計画や手配をしてさらなる結果に繋げるといった事も可能となってきます。

またデキる営業というのは余暇の捻出も上手です。広告代理店だと仕事の都合上、思ったように有給を取得するというのは難しいですが、上手く時間をやりくりして仕事の無い日というのを作ってそこに有給を入れるといった事も可能です。

一般的な仕事だとそういった仕事の調整というのは難しいので営業ならではといった感じです。


着実な仕事で良好な関係をつくる

こういった時間の調整が自由に出来る様になる為には、しっかりと結果を残して社内からの信頼を得る事も重要ですが、クライアントの信頼を獲得する事も重要です。

他にも外注する会社、クリエイターといった人達としっかり信頼関係を築いているからこそ可能になるので、まずは着実な仕事をして良好な関係を作る事から始めるのが肝要です。

ただ、信頼されたいからといって相手の言い分だけを聞いているようでは単なる都合の良い人で終わってしまいます。

相手の言い分ではなく出来る出来ないの線引きをすること

言うべき事はしっかりと言わないといけませんし、出来る事と出来ない事の線引きをしておかないと、相手のペースに巻き込まれてこちらが苦労する事になりかねません。

トラブルというのは思わぬ時に起こりがちですが、こういった時に手際の良い対応が出来るとクライアントの信頼を得るきっかけとなるでしょう。

例えば雑誌などには入稿期限があると言いましたが、営業は多くのケースで予備日というものを設定しています。

これによって万が一の時に備える事が出来るのです。余裕を持ったスケジュールを段取り良くこなせるかどうかというのが営業にとって必要なスキルと言えます。


「大変」以上に「魅力」ある仕事

広告代理店の営業は確かに楽な仕事ではないですが、それ以上に魅力的な仕事でもあります。

案件の最初から最後まで見る事が出来るというのはこの仕事ならではですし、全て滞りなく終え、ふと見た雑誌や街中の広告など自分の関わった仕事を改めて見つけた時の感覚というのは何ものにも代え難いものです。

多くの人と関わる事になるので当然コミュニケーション能力は必須ですし、案件を進める為の計画性も必要となってきます。求められる事は多いですが、それだけやりがいもあるのです。

無駄を抱えて日々残業に追われてしまう生活になるのか、仕事をこなしつつ休みもしっかり取り有意義な時間を過ごせるかどうかは自身のやる気に掛かっています。

【この記事を読んでいる方にオススメ】

「広告業界は女子が働きにくい」は真実か?
【広告業界あるある】これはヒドい! ムチャぶり&理不尽事件簿

キャリアは副業で磨かれる!プロ人材の本業を活かした副業紹介サービス プロの副業
コミュニケーション業界(広告・PR・デジタル)に特化した転職コンサルタント シンアド転職

CATEGORY:コラム

DATE:2018-03-26

TAG: