コラム

他社へのアピール活動を行うマネジメントの仕事

BUDDYZ一部コンテンツは当社転職支援サービス「シンアド転職エージェント」に随時移行中となります。

その為、移行予定記事の移行がすべて完了したタイミングで、本ページからは削除予定となります。

移行先URLはこちら
https://syn-ad.com/blog/155


広告業界で働きたい人にオススメなのが、マネジメントを担当することです。マネジメントはイラストを描くときに必要になる美術的なセンスや、人に注目してもらうための文章力を求められていません。その代わりにマネジメントに特化した能力を求められることになります。マネジメントの仕事は、広告を作成する人のような派手さはありませんが、欠かせない役割です。

具体的には他社へのアピール活動がメインでしょう。どれだけ優れた広告を作成できても、依頼してくれる企業がなければビジネスが成り立ちません。他社が依頼したくなるような宣伝活動をマネジメントの担当者が行えば、仕事が増える可能性が高くなります。

企業内のサポートもマネジメントに課せられた役割です。例えば作成した広告の影響力が弱い場合や、経済的な効果が薄い場合には、マーケティングの方法を変えるようなアドバイスを行うのも重要な働きとなっています。企業によってはマーケティングを担当している人と協力して、経営戦略を考えることも仕事内容に含まれている可能性があります。

このマーケティングの働きは、広告業界にとっては重要な位置づけになっています。マーケティングの方向性が良ければ、広告の売り上げが上がります。広告の売り上げに直結するため、マーケティングの知識が深い人材が求められるでしょう。マーケティングの方向性によって、作成する広告の内容も変わります。


若者に向けた広告を作るという方向性になれば、インパクトを重視した内容を目標に作り出すケースが多いでしょう。色の使い方が明るくなる傾向が強く、単語で訴えかけるような作品が増えます。ファミリー層をターゲットにしたマーケティングを行っている場合にも、同じように明るい広告が増える可能性が高いです。子どもが広告を目にすることで、子どもの言葉を通して、親に宣伝できるという効果を狙っています。この狙いを持って広告を作っている場合は、文字を表示せずにイラストだけで勝負するケースも考えられます。

対して年齢層を高めに設定してマーケティングを行っている場合は、落ち着いた色を扱うことが多いでしょう。派手な色を扱うよりも、人に寄り添うような広告を作り上げることができるため、高齢者からの注目を集めやすい傾向にあります。高齢者は言葉に重きを置いている人もいるので、文章を多めに扱う広告も成功する可能性が高いでしょう。

このように年齢層に合わせたマーケティングを行えるようになっていれば、広告業界でマーケティングの役割を任されたときに役立ちます。

キャリアアップの転職をするには?

既に広告業界で実績を残している人が、キャリアアップを狙って転職したいと考えている場合には、人材育成の仕事を希望するのが良いでしょう。広告業界は高いスキルを求められるので、人材が育ちにくい傾向にあります。それでも企業が成長するためには、優秀な人材を育成する必要があるでしょう。その重要な人材育成の役割は、広告業界を長く経験した人が適しています。役職を与えられる可能性が高いので、役職手当を貰えれば、収入がアップするというメリットがあります。自分の持っている技術や経験を活かして、企業を成長させるということに喜びを感じられる人には、向いている役割です。

他業界から広告業界の転職をするには?

他の業界から広告業界への転職を考えている場合には、営業部への希望を出すのが良い手段と言えます。営業を行うことで、企業への仕事は増えます。営業の仕事は、どんな状況でも必要なものなので、求人を募集しているところは多いでしょう。営業部は積極的な行動力があれば、スキルがなくても活躍できる可能性があります。しかし、スキルを持っている方が採用される確率は高いので、営業に役立つようなスキルを身に付けておくのがオススメです。コミュニケーション能力や交渉術は、営業を行うときに活用できる場面が多いので、スキルアップの努力を行っておくと良いでしょう。

特に交渉術は他社との交渉を行うときに効果的です。交渉術が高ければ、自社にとって有利な条件で契約を結ぶことが可能になります。交渉が上手ければ、1つの仕事に対して支払われる単価が高くなるので、企業の収入が上がりやすくなります。この交渉術は納期に関する問題が発生した場合にも役立ちます。交渉の際に決めていた納期までに広告が仕上がらない場合があります。このときに交渉術を駆使することで、納期を延長してもらえるケースが増えるでしょう。

フリーランスという選択

広告を作成する能力を持っている人は、フリーランスへと転職するのも有効な手段です。フリーランスになれば、自由に自分の思い描く広告を作り出せるというメリットが得られます。企業との個人契約を行うことができれば、安定的な収入を得られるようになるでしょう。広告業界で注目を浴びることができれば、企業に勤めていた頃よりも高い収入を獲得できるチャンスもあります。全ての業務を行う必要があるので、広告業界で働くために必要なスキルを身に付けた上で、フリーランスに転職するのがオススメです。

BUDDYZを運営する株式会社ホールハートでは、マーケティング関連職の転職に強みを持つ転職支援と本業スキルを活かした副業紹介を行なっています。

マーケティング関連職の転職に強みを持つ転職支援について詳しくはこちら!

<本業スキルを活かした副業紹介について>
・副業をした方が良いとは言うけれど、何をしたら良いかわからない...
・自分のスキルを活かせる業務委託の仕事を副業ベースで見つけたい...
・本業のスキルを活かして、週1か月1くらいの隙間時間で副業の仕事を見つけたい...
・フリーランスで案件を安定させたい...

こんなことでお悩みの方は、是非プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」をご利用ください。

・ご紹介可能職種例
マーケティング、広報・PR、人事、エンジニア、デザイナー、新規事業、財務、営業・・・etc

 無料相談はこちらから!

CATEGORY:コラム

DATE:2018-04-20

TAG: