コラム

広告代理店における営業職の他業界と共通する部分と異なる部分とは

BUDDYZ一部コンテンツは当社転職支援サービス「シンアド転職エージェント」に随時移行中となります。

その為、移行予定記事の移行がすべて完了したタイミングで、本ページからは削除予定となります。

移行先URLはこちら
https://syn-ad.com/blog/157


広告業界の代表的な会社は広告代理店です。主にメディアの広告枠をクライアントに販売することで手数料を得ます。この広告代理店には種類があり、総合広告代理店、專門広告代理店、インターネット広告会社の3つです。

総合広告代理店

総合広告代理店というのは、クライアントからマーケティング活動の委託を受けて、さまざまなメディアを利用して消費者とクライアントの橋渡しになる役割を果たす企業のことです。基本的には広告の企画から制作まで行っていますが、自身では広告媒体を持っていません。代表的な企業としては電通や博報堂が挙げられるでしょう。

専門広告代理店

専門広告代理店というのは、総合広告代理店とは異なって、それぞれ広告媒体を持っています。その広告枠をクライアントに販売します。新聞、テレビなどの特定の広告媒体の広告の企画と制作がメインになります。日本経済社やアイアンドエフなどが典型的な企業になります。

インターネット広告代理店

最後のインターネット広告会社というのは、近年登場してきた広告会社で、バナー広告やメール広告など主にインターネット広告を利用してクライアントのプロモーションを成功させる企業のことです。サイバーエージェントやトランスコスモスなどが代表的な企業でしょう。3つの会社の中で最も業績を伸ばしています。

また、広告代理店の営業の仕事内容としては、他の業界の営業の仕事内容と共通する部分と異なる部分があります。

共通する点

他の営業と共通する仕事としては、クライアントの窓口になって問題点や課題をヒアリングして、どのような広告内容にすれば解決することができるかをクライアントに提案するという点です。そのプロモーション内容を成功させるためには、テレビ、ラジオ、雑誌、WEBなどのあらゆるメディアをどのように使うかの知識を持っていないといけません。その知識を使ってプランを作成したり、予算を管理したり、実行します。マーケティング、クリエイティブ、媒体担当など社内のいろいろな人をまとめる調整役を担います。ここまでは他の営業の仕事と似たような内容です。

異なる点

そして、通常の営業とは異なる仕事内容としては、どのようなコマーシャルにしたりどのようなチラシを作るかといったクリエイティブな側面です。モノやサービスを直接売る通常の営業とは異なって、自身も作成に携わるというところです。広告代理店の営業職の平均年収は、他の業界の営業職に比べると総じて高いです。トップ企業になると平均年収は1000万円以上ですし、一般的な相場としても年収が約600万円です。サラリーマンの平均年収が約400万円であることから相当高いといえるでしょう。就職活動や転職活動をしている人たちにとってとても高い人気を誇っています。これはなぜかというと、広告代理店の営業職はいろいろな手当てやインセンティブが付くからです。

さらに、広告業界の営業の求人に応募するには条件があります。ほとんどの場合は四年制大学卒業であることが前提になります。そして、30代以上であれば法人営業の経験や同業界での就業経験が求められることが多いです。

特別な資格は必要ありませんが、高いコミュニケーション能力や体力が必要になります。広告代理店の営業職は、クライアントだけでなく社内のさまざまな職種の人と密な連絡を取る必要があることから、コミュニケーションスキルが非常に大切です。残業時間も長いことから体力も使う仕事です。ちなみに、よく誤解されることですが、英語の知識は基本的には必須ではありません。日本国内を中心に活動している広告代理店だとクライアントは日本国内の企業なので、英語を使用する機会はないです。

中途採用の場合、基本的に未経験が難しい

基本的に中途採用の場合は未経験だと難しいです。特に、20代後半から30代前半だとある程度の実務経験が必要になります。その一方で、25歳以下の第二新卒の場合には未経験での採用を積極的に行っている企業が多いです。未経験であってもポテンシャルが高ければ伸びしろを評価するのです。ただし、以上はあくまでも正社員の採用の場合に限ります。契約社員や派遣社員などの場合には30代であっても営業職として採用されることもあります。大手の広告代理店であれば未経験の人は最初は営業にはなれないですが、営業アシスタントとしてある程度経験を積んでから営業職として活動するケースもあります。専門的なスキルや知識を用いるコピーライターやデザイナーなどのクリエイティブ系の職種は未経験だと厳しいです。

その点、営業職は他の職種よりも門戸が開かれていますので、給料アップなどのビッグチャンスをつかみたい人には強くおすすめしたい職種です。近年はテレビ、ラジオ、新聞、雑誌などの媒体からインターネット広告への予算がどんどん増加していっています。そのため、インターネット広告会社は積極的に人材を採用しています。

広告業界の営業職に就きたい人はこうした企業が狙い目です。転職活動するなら自分は将来的にどのようになりたいかを明確にしてから活動しましょう。

BUDDYZを運営する株式会社ホールハートでは、マーケティング関連職の転職に強みを持つ転職支援と本業スキルを活かした副業紹介を行なっています。

マーケティング関連職の転職に強みを持つ転職支援について詳しくはこちら!

<本業スキルを活かした副業紹介について>
・副業をした方が良いとは言うけれど、何をしたら良いかわからない...
・自分のスキルを活かせる業務委託の仕事を副業ベースで見つけたい...
・本業のスキルを活かして、週1か月1くらいの隙間時間で副業の仕事を見つけたい...
・フリーランスで案件を安定させたい...

こんなことでお悩みの方は、是非プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」をご利用ください。

・ご紹介可能職種例
マーケティング、広報・PR、人事、エンジニア、デザイナー、新規事業、財務、営業・・・etc

 無料相談はこちらから!

CATEGORY:コラム

DATE:2018-05-21

TAG: