コラム

社会人の多くに知ってもらいたい!交流会に参加するメリット

社会人の交流会について知っている人は意外にも少ないのではないでしょうか。
   
広告業界やマネージャーなどを目指す人にとっては是非ともチェックしたいイベントであることは間違いないといえるかもしれません。
   
交流会とは、ひとことで言えば「関係者たちの語らいの場」ということができます。とりわけ、広告業界やマーケティング、マネジメントなどに精通している人が多く集まる場所ということができます。

もし、自分が広告業界などでの活躍を目指すというのであれば、積極的に交流会に参加しておくことが求められます。なぜなら、その業界におけるプロフェッショナルたちが多く集まるケースが多いからです。これから活躍したいと考えている人にとっては、千載一遇のチャンスともいえるでしょう。

   
「情報ならネット上から収集できることができるのでは?」と思う人も多いかもしれませんが、決してそれだけでは不十分と言わざるを得ません。実際に現場に居合わせなければわからないこともたくさんあります。裏話やエピソード、秘話などといったことについて触れることができるというのも、交流会に参加することの意味といえるのかもしれません。
   
交流会が開催される場所については、緊張感が漂う厳かな場所だと思っている人も多いかもしれませんが、決してその限りではありません。意外にも交流会が行われるのは、レストランやバー、パーティースペースなどが多くを占めています。
   
やはり、アルコールでも楽しみながらの方がリラックスして話ができるということが期待できるからです。交流会の目的には、初めて会った人たちが打ち解けることができるのが大きなポイントといえます。かしこまった雰囲気に包まれていては、決して本音で語り合うことができないといえるのではないでしょうか。
   
東京都内でも連日のように多くの交流会が開催されていますが、どのような人が参加するかという点も大きなポイントです。どういう人が集まるかによって、その交流会の持つ意味がなんとなくわかってくるのかもしれません。
  
当然ながら、交流会をするためには、ある程度のコストがかかることはいうまでもありません。参加者から会費などを徴収する場合もありますが、その大半は交流会を企画した企業や団体などが負担することになります。むろん、コストがかかってしまったとしても、それだけの価値があると判断しているからなのです。
   
例えば、起業や独立開業をしたばかりの経営者やマネージャーのみをターゲットにした交流会について見てみましょう。起業や独立開業して間もないともなれば、その苦労についても多くあることが予想されます。そのような人の赤裸々な体験や思いに直接触れることができれば、何かのヒントが見つかるかもしれないということもいえます。
  
もし、自らも起業や独立への意識を持っている人にとっては、大きな参考材料を見つけることができるかもしれません。体験談や経験談を聞くことができるというのも交流会の持つ意味といえるでしょう。

「カジュアル感覚で集まる」それがいつの間にか、ビジネスに発展ということも

交流会に参加することがきっかけになり、その道に進む決意ができたという人も少なくありません。交流会に参加したことで、価値観が大きく変わったというケースも多くあることです。

「交流会」というだけに、まさに初めて会う人のコミュニケーションの場というイメージを強く持つ人が多いのも特徴かもしれませんが、とんとん拍子で話が進んでしまうということも珍しくないのです。「カジュアル感覚で集まる」という意味合いが強い交流会ですが、それがいつの間にか、ビジネスに発展してしまうということも起こっています。

   
広告業界やマネージャーなどのプロたちが作り上げる世界は、常に時代の流れを読み解くことが必要なことはいうまでもありません。過去の成功事例や固定概念などに縛られてしまうことが最も由々しき状況を生み出すことになってしまいます。「こうあるべき」や「昔はこうだった」などということにこだわってしまうことが結果的に大きなマイナスにつながります。
  
広告業界やマネージャー業務が社会に与える影響が大きいのも、いち早く社会全体の流れを察知することができるからではないでしょうか。元々、広告業界やマネージャー業界を目指すということ自体が、世の中の流れを読み解くことに長けているからともいえます。
   
交流会でメインテーマとなるのは、その時々にもてはやされるモノやサービスが多いことも特徴です。ロボット社会やビッグデータ、人工知能に仮想通貨などと社会情勢は目まぐるしく動いています。交流会を企画立案することになる企業にとっては、少しでも自社の提供するモノやサービスの購入につなげていきたいと考えるのも当然です。
  
広告業界やマネージャーにとっては、両者をどのようにマッチアップさせることができるかが腕の見せ所となります。ネット社会の台頭に伴い、消費者たちのモノやサービスを見る目はより厳しくなってきました。真に実力のある企業だけが生き残る時代といっても良いでしょう。  
   
   

CATEGORY:コラム

DATE:2018-07-12

TAG: