コラム

マネージャーの仕事とは?必要なのは育て、強くする力

「やり甲斐のある仕事をしたい」「皆から信頼される存在になりたい」

そのような思いから、マネージャー職を目指す人も多いかと思います。しかしマネジメントされる立場である場合、マネージャーの具体的な仕事内容は普段なかなか見えづらいものです。とはいえ実際に自分の上司と今後のキャリアプランについて話し合いたくても、なかなか腹を割って話すのが難しいというのが実際のところでしょう。

そこで今回は、マネージャーの仕事内容、またマネージャーに必要とされる能力について紹介していきます。

職種により細かな仕事内容は異なりますが、企業におけるマネージャーは、グループマネージャー、ゼネラルマネージャー、シニアマネージャーなど、様々な役職があります。マネージャーでも各役職で細かな部分の業務内容は異なりますが、共通する仕事において大きく分けると以下の4つに分類されます。

統括、管理
業務や組織の統括・管理を行います。プロジェクト、業務、組織の状況を常に把握し、計画、フィードバック、修正を行うことで、良い成果を得られるよう努めます。
指導、育成、強化
部下にノウハウや知識を伝え育成することも、マネージャーにとって非常に重要な役割です。部下を適切な方法で正しく導き、育てることで組織の力を高めます。部下に対しては自分で決めた指示をするだけでなく、それぞれの弱点や改善点を洗い出し、なおかつ強みを引き出して成長できるようにマネジメントすることが求められます。
責任
マネージャーには責任能力も求められます。有事の際には、組織を代表してマネージャーが責任を負うこともあります。
決定
マネージャーには意思決定の責任も伴います。その見識と経験をもとに意思決定を下し、業務や組織の方向性を定めます。

一見するとマネージャーは管理や決定を行うものと見られがちですが、実は中でも重要な仕事は「指導、育成、強化」です。なぜかというと、個人の成長により組織が成長することは企業にとって、その場限りでない永続的な発展につながるためです。

そしてこれからの時代ことさら求められるのは、自分で考え行動し、実績をあげられる人材でしょう。部下をそうした人材に育てあげることができれば、優秀なマネージャーであるといえそうです。

では、どうすれば部下をより良く指導し、育て、強化できるのでしょうか?それには、人の成長の段階を知る必要があります。

新人から主力まで、社員の成長には4つのステージがある。

一般的に、一般社員には段階があると言われています。新人、ひとり立ち、一人前、主力の4つのステージです。一般的な企業の社員なら、全員が新人からビジネスキャリアをスタートさせ、さまざまな経験を経てステージを登ります。基本的には1段ずつ登っていきますが、入社年次とは必ずしも関係せず、おかれた環境や与えられた業務内容によってステージは変わります。

それぞれの定義は以下の通りです。

新人 ビジネスの基本を身につけ、組織の一員となる
独立 任された仕事をやりきりながら、力を高める
一人前 創意工夫を凝らし、自分の目標を達成する
主力 組織業績と周囲のメンバーを牽引する

一般的に新人やひとり立ちの段階では育成計画が充実しているものですが、その後の育成となると状況によりばらつきが出るものです。そこで、マネージャーの働きかけが重要になってくるのです。部下の状況を適切に判断し、その状況に合わせて、仕事の配分や関与のかたちを選び取ってゆく。そうして部下を育て、強くする能力が、マネジャーの底力といえるでしょう。

ではマネージャーは、この考え方をどう育成に活用すればよいのでしょうか?一般的には、大きく分けてポイントが3つあると言われています。

1点目は、適切なタイミングを見極めることです。
例えば、「未経験のテーマに取り組み、高い成果には結びつかないものの後輩の指導も熱心」な部下がいたとします。ここでマネージャーがすべきことは、まず部下の状況がどの段階にあるのか見極めることとなります。すると今は一人前から主力への成長段階と考えられるので、そこから「創意工夫し挑戦する姿勢や後輩への指導スタンスを評価しながら後押しする」という方向性を導き出し、強みを引き出すことができます。
2点目は、仕事の配分です。
業務は通常「できる人」に任せるものですが、任される側としては、いつまでもそのまま簡単なレベルの仕事をしていてはやり甲斐も薄れ成長につながりません。次のステージを見据えた育成計画をしたほうがよいと考える場合は、少し高いレベルの仕事を任せるなどすることで、自発的な成長を促すことができます。
3点目は、評価です。
評価は通常、あげた実績により行われるものですが、単に実績を見るだけでは若手が不利になる状況が考えられます。そこで成長段階と照らし合わせ、あげた実績を当初の期待値に対して相対的に評価することで、より適正な評価をすることができます。

ひと口にマネージャーといっても、考えるべきことや持つべき視点は多岐にわたります。しかしその分やり甲斐の大きい、重要な職種であることは間違いないといえそうです。

キャリアは副業で磨かれる!プロ人材の本業を活かした副業紹介サービス プロの副業
コミュニケーション業界(広告・PR・デジタル)に特化した転職コンサルタント シンアド転職

CATEGORY:コラム

DATE:2018-08-07

TAG: