コラム

意外と知らない!?広告代理店の仕事とは

広告代理店で行われる仕事には、どのような業務が含まれているのでしょうか。イメージとして浮かびやすいのはCMや新聞・雑誌広告の制作ではないかと思います。実際にはこれらの仕事のために、幅広いスタッフが色々な業務をこなしているのが現実です。

広告代理店の仕事では、広告の掲載を求めている各種媒体と、広告で宣伝効果を狙う企業や団体の橋渡しをすることが目的となります。企業サイドも自主制作で広告を出すこともありますが、やはり効果を高めるにはプロの存在が欠かせません。そこで広告プロジェクトを受け持つ存在として、提案から実施、アフターサポートまでを支援するのが広告代理店と言うわけです。

広告代理店の中でも色々な働き方がある

広告代理店で働く時には、どのような業務が存在するのでしょうか。この業界も部署は細分化されており、色々な形の働き方があります。具体的には、企業に提案を持ちかける営業部門、企画立案などを行うマーティング部門、多数のクリエイターからなる制作部門などに別れているのが通常です。スタッフは自身のスキルや長所を活かし、相応しい部門で活躍していきます。

最初に営業部門の仕事を見ていきましょう。

広告代理店での営業は、相手との信頼関係の構築が大切になります。広告の依頼を受けた後は、営業部門のスタッフが提案書の作成やスケージュール・コスト管理などを行うのが一般的です。

営業部門はクライアントからのニーズを汲み取り、広告代理店の考えとすり合わせて行くため、重要な役割を担います。広告代理店とクライアントをつなぐ、大切な存在なのです。

社内での会議に出席してクライアントの考えを述べたり、逆に、相手方の会社でプレゼンテーションを行う場合もあるでしょう。このような営業努力が、普段目にするCMやイベントの成功を支えているわけです。加えて広告の効果検証を担う等、場合によってはアフターサポートも引き受けます。

マーケティング部門はプランニング部門と呼ばれることもありますが、大体の業務は似たようなものです。その名の示すとおりマーケティングによる情報収集から、実際の企画立案までを行っていきます。広告やイベントの骨子を定める役割と言えるでしょう。

マーケティングでは基本的に、データ収集や情報分析を行うことが業務となります。広告やイベントは思いつくままに作っても、効果が期待できるかと言えばそうではありません。まずは、市場でどのようなキャラクターやものが、受け入れられているかなどを分析します。

マーケティングデータを基に、企画立案を実施していくのがプランニングです。クライアントの狙っているターゲット層に働きかけるような内容を考えながら、企画を煮詰めて行きます。どのようなイメージを打ち出すか、どのようなリアクションを狙うかなど、検討すべき点は多数です。

例えば、お年寄り向けのCMならば、子役を起用したり、往年の大俳優を登場させるような工夫がなされますが、この辺りを決めていくのがプランニングの重要な役割。視聴者や参加者への訴求力を高めるために、欠かせないのがこの部門です。

制作部門はプランニングで決められた骨子に、いわば肉付けをしていくことが役割となります。多彩なクリエイターの力が必要で、イラストレーターやグラフィックス・デザイナー、写真関係の専門職などが参加するのが一般的です。

CMやチラシをどれだけ効果的に見せることが出来るかについて、この部門が果たす役割は大きくなりますから、写真のレタッチ一つをとっても、高品質な仕事が要求されます。

とは言っても、基本的にはディレクターとデザイナーなどのスタッフの他は、外注に出されるケースが多いでしょう。クリエイター関係でも広告代理店への就職は望めますが、枠としてはそこまで広くは無いかもしれません。


最近ではエンジニア人材の需要も高まっている

広告代理店では、テレビから新聞、ネットに至るまで幅広い媒体を対象としています。特にこの中で、近年重要性が増しているのがネット媒体での広告。大手の総合代理店もネット媒体に参入している他、ネットを専門とする会社も現れてきました。

これによって仕事内容としては、ICTを使いこなす必要がある場面も増えているでしょう。システムエンジニアなどの、コンピューター技術を持つ人材への需要も高まっていると考えられます。

ICTを活用した広告ではオウンドメディアは注目を集めています。オウンドと言う事で自主制作の媒体とはなりますが、これもやはり広告代理店が管理しているケースが少なくありません。ブログやSNS、動画共有サイトなども上手に使いこなすために、広告代理店がサポートをしていくわけです。

このように広告代理店業界は、クリエイティブスキルやコミュニケーション能力、ITの専門知識などなど、多彩な能力が集結されることで成り立っていると言えます。広告業界を志望する場合には、自身の能力がどう活かせるか、また、活かすために何が必要かを考えてみましょう。

話題のWeWork Icebergで初開催!社会人×就活生の交流会 MEETUP

キャリアは副業で磨かれる!プロ人材の本業を活かした副業紹介サービス プロの副業
コミュニケーション業界(広告・PR・デジタル)に特化した転職コンサルタント シンアド転職

CATEGORY:コラム

DATE:2018-08-14

TAG: