コラム

業界の生の声がわかる?学生が東京の交流会に出るメリットとは

東京の広告・PR・デジタル業界に就職したいと思っている学生はたくさんいるでしょう。

では、これから企業の面接を受けようとしている学生ができることとは何でしょうか?学歴は決まっていますし、クラブや研究、学業、アルバイトなどの経歴も短時間でどうにかできるものではありません。 「それでも、一つだけでも差をつけたい」という人におすすめなのが交流会です。

広告・PR・デジタル業界の就活生を後押しする交流会

学生にとって、就職活動は社会人への関門であり、自分の人生を左右するほど大切なものです。その就活において、企業面接はとても重要です。なぜなら、学歴や経歴は変えようがありませんが、面接は、唯一、これからの努力によって、企業に自分自身をアピールできる場となるからです。

企業側も、就業してから活躍する人材となるかどうかを面接時の対応で判断しようとしています。

面接では、企業担当者の質問の意図を瞬時に汲み取って対応をするコミュニケーション能力がとても重要になります。

しかし、そのような能力は、これから面接を受けなければならない学生にとって、すぐに育てられるものではありません。

そこで、活用したいのが交流会です。

交流会は、さまざまな人が交流するために開催される会合で、社会人から学生まで幅広く参加できます。その目的も内容も、学生の就活を応援するものから社会人同士の人脈を繋げるもの、セミナーと合わせて情報収集の場として開かれるものなど、多種多様です。

学生が交流会を利用することによって、就活に役立つ情報を入手できるだけでなく、業界に就職してからも役に立つ情報を得ることもできます

学生が交流会を利用するメリット

学生が利用できる交流会としては、就活のためや人脈を広げるためのものなどがあります。これらの交流会に参加することによって、就活のための貴重な話が聞けたり、今後の仕事に生かせそうな新たな交友関係を作れるなど、さまざまなメリットが得られます。

業界で働いている人の生の声が聞ける

学生の立場では、業界の方がどのような業務を行っていて、何が大変なのかを具体的に知る機会はほとんどありません。学生生活において、ビジネスの厳しさや企業人としての行動などについて学ぶことは難しいです。そうした業界の方との友好を深め、情報交換ができる場として、交流会が開かれています。

実際に業界で働いている先輩の仕事内容や仕事の厳しさなどについて、業界の方の生の声を聞くことができれば、大変参考になります。

また、どの企業に就職をしようかと考えている人には、興味を持っている業界や企業についての情報を入手できれば、就職先を決めるための材料にもなります。なんとなく広告業界やPR業界を目指していた方も、実際に業務に携わっている人の話を聞くことで、仕事に対する考え方が大きく変わるかもしれません。

面接のときに、企業が何を重要視しているかという話が聞ければ、面接時の質問にも適切な答えを用意できることでしょう。

コミュニケーション能力が上がる

そもそも交流会では、初対面の人間同士がコミュニケーションを取らなければいけないので、始めから会話が弾むわけではありません。そこを相手の話しに共感したり、相手に自分の考えを伝えたりすることで、話しが弾んでくるわけです。

この時、「相手の会話に合わせる」「相手の会話を引き出す」「相手の質問を汲み取る」と言った対応を自然に行っています。つまり、コミュニケーションに必要とされる能力で、これは面接の際にも必要な能力と言えます。そうした能力が、交流会で多くの人と会話をすることで自然に高まることでしょう。

人脈が広げられる

交流会で交友関係を広げることは、就職をした後で役立つかもしれません。

人脈というと、太い交友関係をイメージするかもしれませんが、ビジネスで役立つ人が何も太い交友関係であるとは限りません。お互いの利益には絡むことがなくても、あるいは利害関係にないからこそ、有益な情報がもたらされることもあります。

また、学生時代における人脈は、とても作りやすいと言えます。

「人脈は社会人になってから作ってもいいのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、社会に出れば、仕事や会社における人間関係など、そこに利害などが絡んでくることが多くなり、後から人脈を作ろうと思ってもなかなか思うように作れないケースがあります。

一方、交流会で出会う人の中には、互いに利益を求めている人も多く、利益にならなければ付き合う必要がないと考えている人もいます。そういう人との人脈の構築は難しくなります。

基本的に、利害のない交友関係を築くことが得意な人は、幅広い人脈を獲得できるとされています。学生の間は、この利害のない交友関係を築きやすいため、幅広く人脈を構築するのに最適な時期でもあります。

人脈がなければ起業はできないと言われるほど、人脈は重要なものです。交友関係を大切にしながら、幅広い人脈作りを心掛けて行きたいものです。

広告業界の人脈の重要性とは?

広告業界を志すのであれば、人脈作りはより重要であるとされています。

例えば、広告業界では、制作する広告によってチーム編成が変わります。

映像広告の制作はディレクター、プロデューサー、カメラマンなどが関わり、音声が必要なら楽曲を作るアーティストが必要になるでしょう。もし文章での広告であればライター、絵が必要であればデザイナーなど、必要な人材は広範囲にわたります。

また、同じ映像広告でも、クライアントの意向は変われば、それによってチーム編成も変えなければいけません。当然、クライアントが変われば、メンバーもガラッと入れ替わったりします。

このように、一つの仕事でもさまざまな人と関わりますので、それだけ幅広い人脈が必要になります。逆に言えば、どのような要求にも対応できる人脈をつくっておくことが大切になります。

したがって、そのような豊富な人脈を持っているということは、その人が有望な人材である証でもあります。

この人脈は、もちろん企業に入社してからでも作ることはできます。しかし、学生時代からの知り合いですと、業務の相談や依頼の仕方も変わってくるのではないでしょうか。

例えば、社会人となってクリエイターの方と知り合えても、ギャランティや細かい修正指示などは、正式な依頼をした上で行われます。

もしこれが学生時代からの友人であれば、もっと気軽に相談したり依頼したりできます。
ギャランティや細かい修正の指示なども、気軽にできるかもしれません。

また、その人を深く知っていればどのような仕事をしてくれるかも理解できるので、一層仕事を依頼しやすいでしょう。

どのような交流会を利用すればいいのか

ネットで検索をすると、交流会の参加者募集がたくさん掲載されています。同業種から異業種、就活生の交流会まで、多種多様です。

その中でもおすすめなのが、前述した広告・PR・デジタル業界などで活躍する先輩と交流できる会合です。幅広い大学の就活生とさまざまな企業の方が出席するので、就活にも大いに役立ちますし、業界のことを良く知りたい方には最適です。

また、人脈を広げたいと考えているに方は、学生だけの交流会もおすすめです。

学生の交流会にもさまざまなものがあり、遊びながら楽しく交流が深められるものもたくさんあります。「BUDDYZ」にも交流会情報を掲載していますので、 自分の目的に合った交流会があれば、積極的に参加してみてください。

まとめ

交友関係は、自分の人生をより豊かにしてくれるものです。その機会として交流会はとても有効です。学生にとっても、就活を有利にしていく上で便利なものです。交流会をうまく活用して、自分の未来を切り開いて行きましょう。

 

業界トップランナーによるトークセッションや、業界横断でネットワークを広げられ、ビジネスマッチングの機会にもなる交流パーティーなどのイベントを開催。毎週開催中!コミュニケーション業界人のための学びと交流プラットフォーム

【広告・PR・デジタル業界】交流会・セミナー・トークショーは、『BUDDYZ』にご参加下さい。

CATEGORY:コラム

DATE:2018-09-03

TAG: