コラム

広告業界のクリエイティブ集団、広告制作会社の実情は?仕事内容や年収を徹底調査

広告制作会社は、広告業界の第一線にいるクリエイティブなプロフェッショナル集団です。

電通や博報堂などの大手広告代理店のイメージで広告業界は高収入という印象が強いですが、実は、必ずしもすべての会社がそうとは限りまん。広告業界の中での業態や職種によってもかなり変わります。では、広告業界で一番クリエイティブな部分を担っている広告制作会社はどうなのでしょう?その仕事内容や年収を見てみます。

広告制作会社とは?

広告制作会社とは、広告の企画や制作を専門に請け負い、広告原稿や広告コンテンツなどの制作物を提供する会社です。

クライアントから依頼を受け、コピーライティングやデザインワークによって広告を制作するクリエイティブ集団と言うこともできます。常に決まった広告代理店から仕事を受けている広告代理店系列の制作会社と、複数の広告代理店や広告主となるクライアントから直接仕事を受ける独立系の制作会社と、大きくは2つのタイプに分けることが出来ます。

2つのタイプの制作会社、仕事の受け方の違いは?

広告代理店系列の広告制作の場合は、まず代理店が広告主から依頼を受け、自社内で企画・プランニングしたものが広告制作会社におりてきて、実際の制作を担当するという形となるのが一般です。

この場合の広告代理店からの依頼は、クライアントとの窓口となっている営業担当者から直接来る場合と、クリエイティブディレクターや、アートディレクターなど、広告代理店のクリエイターと呼ばれる担当者から来る場合があります。

どちらの場合も、コンセプトや制作の方向性はすでに出来上がっているので、代理店側の社員(主にクリエイティブ部門)とチームを組み制作作業を進めていきますが、営業から直接依頼を受けた場合は、クリエイティブの責任者として企画・制作を一任されることもあります。

事業会社(クライアント)から直接依頼が来る場合は、企画、プランニングなどの役割も含みトータルで受注する場合がほとんどです。この場合は、広告代理店を通さない分、クライアントの意向を正確に理解し、きちんとクリエイティブに反映できる力がさらに発揮でき、広告制作会社の腕の見せ所ともなります。

広告制作会社の種類は?

広告制作会社でも、TVCMやWeb広告、雑誌広告など取り扱う広告はさまざまで、会社によってそれぞれ得意な分野を持っています。

また、デザイン専門の会社や、コピーライターやクリエイティブディレクターのみが所属する会社もあります。

そして、ひとつの製品ブランドのトータルなプロモーションを任せられたり、大きなプロジェクトを担当する会社もあります。

会社の規模も、社員数人の小さい会社から、100人を超える大規模な会社までさまざまですが、クリエイティブな能力が求められる業種なので、会社の規模と受注している仕事の大きさや売り上げ、給与などの処遇は必ずしも比例しません。人数が少ない小さな会社でも、少数精鋭で売り上げ規模は大きな会社も多くあります。

広告制作会社の職種は?どんな人が向いている?

広告制作会社には、実際に広告の制作を進めていくクリエイティブ職と、営業や制作の進行などを管理するプロデュサー職があります。

クリエイティブ職の主な職種としては、クリエイティブディレクターやアートディレクター、映像ディレクター、Webデザイナー、コピーライター、プランナーなどがあります。

広告代理店と違って広告制作会社は、ディレクターという職種でも、ディレクション以外にキャッチコピーなどを考えたり、営業の役割を兼任したりするケースがあります。

また、コピーライターがコピーを書きつつディレクターを兼任するなど、何役も担うことも多いようです。

いずれの職種も特に資格は必要ありませんが、デザイナーはイラストレーターやフォトショップなどのソフトが使えることが必須条件ですし、イラストが描ける絵心や、アート系、グラフィック系での才能、センスも求められます。

また、コピーライターは、キャッチコピーや文章を書く能力はもちろんですが、企画から携わる場合に企画力やアイデア力、整理力を求められることも多いです。

一般の会社の事務職には求められない、自由で柔軟な発想や流行に敏感に反応する感受性などがプラスに働くこともあるでしょう。

また、何よりもクリエイティブな作業を好きかどうかが、この仕事をするうえでは重要となってきます。頭の中では常にアイデアを練っている、良い企画を出すためには睡眠時間やプライベートの時間をけずってもいいなど、それくらい労力を惜しまないタイプでなければ、広告制作の仕事は続かないかもしれません。

広告代理店との違い

広告代理店と広告制作会社、どちらも広告制作に関わる会社ではありますが、この2つの会社の違いはどこにあるのでしょうか?

広告制作をする中で、クリエイティブな部分を専門に引き受け、際に制作を担うのが広告制作会社です。

一方、広告代理店は、広告を制作することだけではなく、広告主とメディアの間に入って広告枠の売買を取り扱うという、2つの役割を持っています。

広告枠とは、広告を掲載するメディアのスペースや時間帯のことで、TVCMや新聞・雑誌広告、ネット上の広告、電車の中吊りなど、さまざまなメディアがあります。

広告代理店は、この広告枠を広告主に売ることによって得る利益が大きく、広告制作に関しては専門の制作会社に依頼する場合も多いです。

広告制作会社と広告代理店の決定的な違いは、この「広告枠を売っているかどうか」という点です。このように広告代理店の場合は、広告を売る営業職や、効果的な広告展開をプランニングする企画・コンサルタント的な仕事も多いので、クリエイティブな仕事を希望する人は、広告代理店より広告制作会社を選択するほうがいいかもしれません。

広告制作会社の仕事で得られるやりがいとは?

広告制作会社で働くことの魅力や、やりがいとはどんなことでしょうか?

やはり、世に出て広く人の目に触れる「広告」という商品を作り出すということが一番の魅力です。広告制作というものは、依頼された商品やサービスの内容を消費者が理解しやすく、かつ魅力を感じさせるように、言葉や文字による情報、映像、写真、音楽などのコンテンツ要素を組み合わせて、クライアントの意向に沿った広告を作ることです。ゼロから生み出していくという喜び、それが世の中に出て人々の行動変容や時には感動を生み出すところが広告制作の魅力であり、醍醐味です。

特に、現代ではインターネットの普及により、SNSでの拡散などで情報が早く行き渡るようになったことで、世間のリアクションや評価も瞬時に知れるようになりました。自分のセンスを試したい、得意分野を活かしたい、自分の制作したクリエイティブなものを世に出したい、スキルを身に着けたいという人は、特に魅力を感じることができる仕事でしょう。

広告制作会社の年収は?高い?安い?

会社によって異なるため一概には言えませんが、広告制作会社のどの職種においても30歳の平均年収は約400万円程度と言われています。

広告代理店が610万円であるのと比べるとかなり差がついています。一方、業界内でも有名な広告制作会社などは、これ以上に高い年収を得られるところもあります。

これは、クライアントや業界内からその仕事ぶりが高く評価されていたり、数々のヒット作や受賞歴が重なっているなどの影響によるものが多く、制作会社だけでなく、制作に携わった個人レベルでも評価の対象となることもあります。

そのため、実績を積んで有名になったクリエイターが会社を辞めて独立するケースも多く、業界のひとつの特徴ともなっています。広告制作会社では、年収の高さを望むより、その会社でできる仕事の内容や、自分が制作に携わった広告がひとつの作品としてどのような評価を受けるかがモチベーションとなるケースも多いようです。

まとめ

広告制作会社とは、広告の企画や制作を専門に請け負い、広告原稿や広告コンテンツなどの制作物を提供する会社です。クライアントから依頼を受け、コピーライティングやデザインワークによって広告を制作するクリエイティブ集団と言えます。

常に決まった広告代理店から仕事を受けている広告代理店系列の制作会社と、複数の広告代理店や広告主となるクライアントから直接仕事を受ける独立系の制作会社と、大きくは2つのタイプに分けることが出来ます。広告制作会社への就職や転職を考えている方は、これらを踏まえた上で、どのタイプの会社に進むのかを検討するようにしてください。

 

話題のWeWork Icebergで初開催!社会人×就活生の交流会 MEETUP

キャリアは副業で磨かれる!プロ人材の本業を活かした副業紹介サービス プロの副業
コミュニケーション業界(広告・PR・デジタル)に特化した転職コンサルタント シンアド転職

CATEGORY:コラム

DATE:2018-09-05

TAG: