コラム

広告業界に求められる組織マネジメント

広告業界は経験者を採用する傾向が強い業界ですが、未経験者の採用を行う事がない訳ではありません。

第二新卒と呼ばれる25歳以下の求人では型にはまらない自由な発想などが求められる事も多いですが、20代後半から30代前半の求人では組織マネジメントスキルを持っている人が求められています。

管理職経験者が優遇される事もありますが、小さなチームでも自分が先頭に立って成果を出した実績などがあれば組織マネジメントスキルのアピールポイントになります。

そもそも組織マネジメントとは、組織の管理者が円滑に活動を行えるように資産・資源・リスクを管理していく事だとされています。

資源は更に「ヒト」「モノ」「お金」「情報」の4つに分けられ、これらの資源をどう活用すれば組織が効率よく動くかを管理していきます。

組織マネジメントが上手くいくと組織としての目標達成力が高まるだけでなく、1人1人が高いパフォーマンスを発揮できるような組織へと変わっていきます。

1人1人が自ら進んで行動できる組織になる事で、管理者の負担も減り部下の成長にも繋がっていくのです。

組織マネジメントの7つの要素!ハードの3S、ソフトの4S

組織マネジメントの手法として一般的なのは、「組織の7S」と呼ばれる要素を管理していく方法です。

7つの要素はハードの3Sと呼ばれる「戦略(Strategy)」「組織(Structure)」「システム(System)」と、ソフトの4Sと呼ばれる「スキル(Skill)」「人材(Staff)」「価値観(Shared Value)」「スタイル(Style)」の2つに大きく分けられています。

もちろんこの他にも管理すべき物はありますが、7つの要素が組織の中で上手く動くようにマネジメントしていく事で、目標達成へと近づくとされているのです。


ハードの3S

戦略(Strategy) 組織の方向性や経営の問題解決の手段を考える事で、競争に勝つための優位性を維持できるようになります。戦略によって人材やスキルをどう活用していくかが変わってくるため、組織マネジメントの中でも重要な部分となります。
組織(Structure) 人を動かすのに重要な要素であり、集団が最大限のパフォーマンスを発揮できるように形態を構成していく必要があります。どこに誰を配置すれば最大限のパフォーマンスを発揮できるのかを考え、目標を達成できる組織を作っていきます。
システム(System) 組織の仕組みや制度のことで、組織がスムーズに動くために必要な要素となります。報酬や評価の仕組み、業務や会計のシステムを作る事によって、組織を動かしていきます。また今後のAI技術などの発展に伴い、時代に合わせ最適化していく事が求められる要素です。

ソフトの4S

スキル(Skill) 1人1人の能力の事も表しますが、組織が持っている商品の販売力・営業力・マーケティング力などもスキルに含まれます。組織の強みはそれぞれの得意分野を生かせる事であり、基本的に販売・営業・マーケティングなど分業で行われています。それぞれの分野に特化した人材が、1つの目標に向かって互いに協力しあう事で組織のスキルは向上していきます。
人材(Staff) 組織が持つ4つの資源のうちヒトにあたり、組織にとって欠かす事のできない重要な資源になります。人材に求められる事は組織の価値観を共有する事であり、それに見合った育成も必要になります。以前よりも個人の価値観が多様化しているだけでなく、働き方も変化してきています。その為多様な価値観を認めつつも、組織としての価値観を共有する必要があるのです。
価値観(Shared Value) 企業理念などなぜこの組織が存在しているのかという意味をさします。組織を運営していく際の基準となるものであり、7Sの中でも最も中心となる要素になります。価値観のマネジメントには時間がかかる事が多く、変更したとしてもなかなか定着しにくいです。しかしこの価値観によって人材が集まってくるので、組織の目標達成力やパフォーマンス向上に繋がります。
スタイル(Style) 組織の雰囲気や社風、職場環境などなの経営スタイルの事を指します。他の組織との差別化という点においては、このスタイルが最も差を作りやすい要素と言えます。またスタイルは個人のモチベーションを維持する為にも重要な要素であり、モチベーションが高まればパフォーマンスも向上します。個人のパフォーマンス向上は組織のパフォーマンス向上にも繋がり、結果として目標達成できる組織へとなっていくのです。
ハードの3Sは管理者の意思で比較的すぐに変更しやすい要素ですが、ソフトの4Sはヒトや能力に関わる事なので時間と労力が必要となる要素です。

ただしどちらの要素の方が重要という訳ではなく、全ての要素がどう影響しあっているのかを理解し、どうマネジメントすれば組織を効率よく動かす事に繋がるのかを考える必要があります。


求められる6つの組織マネジメントスキル

組織内の役職や立場によって組織マネジメントの内容に違いはありますが、どの立場でも必要とされるスキルは同じだとされています。

組織マネジメントスキルとして求められるものは、「リーダーシップ」「目標設定力」「計画力」「コミュニケーション能力」「人材マネジメント力」「評価力」などです。

求められる6つの主な組織マネジメントスキルを見ていきましょう。

①リーダーシップ よくマネジメント力と混同されやすいですが、仕組みや制度を管理して組織が円滑に動くようにするマネジメントに対して、リーダーシップは先頭に立ち目標達成へと導く力になります。人を導くには信頼されるようなリーダーである必要があり、部下を説得できるような説明や指示を行う必要があります。
②目標設定力 組織としての目標を理解し、目標達成する為に必要な計画や手段を考え、適切な場所に人材配置を行う能力になります。目標が簡単すぎると達成感を得られず、難しすぎるとモチベーションを保つ事ができません。頑張れば達成可能なラインを目標に設定する事で、個人のパフォーマンス向上にも繋がります。
③計画力 具体的なスケジュールを管理する力であり、目標達成から逆算して過程を計画していきます。また作業が進むにつれて計画を変更せざるを得ない場面もあります。そんな時でも慌てずに現状を理解し、その場にあった最適な方法へと計画を練り直す調整力も必要になります。

ただ細かい計画を立てる事が全てではなく、部下の成長のためにはあえて大まかなビジョンと流れだけを伝える方法もあります。部下の成長のために任せる部分を作るのも、計画力に必要な要素になります。

④コミュニケーション能力 信頼関係を得るのに不可欠なスキルであり、人材が信頼しあえている組織は最大限のパフォーマンスを発揮しやすい状態になります。チームのメンバーの意見をしっかりと聞きまとめるだけではなく、チームの意見を組織の上司にしっかりと伝える能力が大切です。現場と上層部、それぞれに対してのコミュニケーション能力が必要となります。
⑤人材マネジメント力 適材適所に人材を配置する能力と、個々の能力に応じて業務を分配する能力になります。スキルやモチベーションの違いによって発揮できる力が変わりますが、全員が活躍できるような仕組みを作る事が重要です。

また管理者が過去にとらわれるのではなく、自ら率先して挑戦する姿を見せる事で部下の自発的な行動を引き出す事ができるようになります。

⑥評価力 組織マネジメントに必要なスキルでも重要な要素であり、成果に応じて適切な評価をしなければモチベーションの低下を招く原因にもなります。また広告業界はフリーランスなど独立していく人も多い業界であり、せっかく育った人材を手放さない為にも大切になる要素です。

頑張って成果をあげた部下に対して報酬や役職を与える事で、その本人だけでなく周りの人にも競争心を芽生えさせる事ができます。常に人材が成長していくためにも、適切に評価する力が重要なのです。

 

キャリアは副業で磨かれる!プロ人材の本業を活かした副業紹介サービス プロの副業
コミュニケーション業界(広告・PR・デジタル)に特化した転職コンサルタント シンアド転職

CATEGORY:コラム

DATE:2018-10-01

TAG: