コラム

広告業界が行うべき組織マネジメントとは!?

広告業界は広告代理店を中心として、様々な媒介で商品やサービスなどを宣伝していく業種の総称です。

一般的にはテレビや新聞などの広告を取り上げるマスメディア系や電車や駅などで利用されている広告ブースやスペースを利用している鉄道系、そして野外広告やチラシ、折り込みやDMなどの自社の得意分野で広告を行っている専門系などが代表的だとされています。

その中でもインターネットの普及に伴って増えてきたインターネット広告関係は、存在感の大きさや広告できる内容の多様性から注目を集めているようです。

このように様々な媒介を使って広告や宣伝を行っている広告業界で必要だと言われているのが、組織マネジメントと呼ばれるものです。


組織マネジメントとはどういったものか

組織マネジメントとは企業側が資源や資産、リスクについての管理を行うことによって活動する上での効果を最適化するための手法のことを指しています。

一般的にマネジメントは管理という意味合いも持っているため、取り扱っている商品やサービスだけではなくそれを取り扱う社員そのものや情報、資産や資源、時間など様々なものを管理していくことになります。

広告業界で重要視される組織マネジメント

そんな組織マネジメントが広告業界で必要だとされている背景には、「より効果的かつ的確な広告を作り出すための管理・統制能力が必要とされている」ためだと考えられています。

広告はただ広告主が依頼した内容をそのまま作成すればいいというわけではなく、依頼された内容をどのように宣伝すれば指定された対象の目に入るのか、どのような媒介で広告を展開すれば効果的なのかなど、広告したい内容によって様々な情報を調査・集計していく必要があります。

さらに広告業界やその企業の経営戦略の価値観に沿ったものを作り出すことで、ほかの組織との違いも出していかなければ組織だけではなく広告業界そのものの価値も高めていくことは困難です。

そのためより品質が高い組織を作り出して維持していくためにも、マネジメントが求められていると考えられています。


組織マネジメントが広告業界で重要視されるようになった背景

ちなみに組織マネジメントが広告業界で重要視されるようになった背景にはほかにも様々な理由があり、その中の一つに「広告業界の組織の収益構造が多角化している」点も挙げられます。これまでの広告業界では広告代理店などによる依頼や、マスメディアの枠を買い取って企業に販売することで収益を得ていました。

これらのポイントは依頼された事業や企業、または販売する企業に対してのみ戦略が必要だったという点ですが、それ以外にも広告業界の組織が独自にイベントなどをプロデュースしたり、企業が協賛するスポーツやイベントをサポートすることでも収入を得ています。

このように収益を得るための構造が多角化したことで単純な経営戦略だけでは対応できないことも増えてきているほか、広告業界の組織内の構造も複雑になってきている傾向があるのです。

そのため組織全体を統括したり管理するためのマネジメント能力や部署が必要になってきており、広告業界も単体で利益を上げられるように改革が行われている傾向が強く見られます。

そんな広告業界での組織マネジメントを考えていく上でまず必要なのは、組織がどのように形成されているのか、商品やサービスが完成するまでにどのような手順を追っているのかを把握することです。

広告業界の場合はまず企業や組織そのものが持つ価値観や経営方針、そして経営戦略を検討するところから始まります。

ちなみに広告業界での経営戦略とは「組織が持っている広告に関連する技術や強み」のことであり、例えばマスメディア系の広告を得意としていたりインターネット広告を得意としているなどが挙げられます。

このように組織が持っている強みを把握、組織で統一することによってほかの組織との差別化や強みを活かしたサービス提供や宣伝作成をすることができるのです。また広告を依頼してきた事業や企業とともに販売戦略を立てる際にも、この経営戦略が重要なポイントになります。


組織の戦略や経営を全体で統一した後はマーケティングの出番

こうして組織の戦略や経営に関する部分を全体で統一させた後に必要なのは、どのような業界や組織、消費者が自分たちを必要としているのかというマーケティングだとされています。

マーケティングとは消費者などサービスや商品を利用する側がどのようなものを求めているのかを調査・集計して、需要やニーズに合ったものを提供するという手法です。

従来の広告業界は、メディアを使ってマスマーケティングと呼ばれる対象を特定しない一つのコミュニケーション手法でのみマーケティングを行うという戦略を続けていました。

ただこの手法でのマーケティングでは多様化する需要やニーズに応えることが難しく、広告としての効果が薄れてきている点が問題視されています。そのためマスマーケティングによる戦略ではなく、より細かく情報収集を行って対象を限定するマーケティング戦略を行う必要性が出てきているのです。

このようなマーケティング戦略を行う上で必要とされているのが組織マネジメントの能力だと言われていて、自社の経営戦略を熟知した上で依頼主である事業や企業の提案する広告をどのように効果的に発信するのか、どのような対象に向かって広告を発信するのかなどを管理・統制することが重要視されています。


マーケティング戦略で得た情報をまとめあげるプロモーションも重要

ここでマーケティングや経営戦略との兼ね合いが発生します。

プロモーションは実際に広告をどのように発信していくのかという方法や手段を検討する段階であり、一般的には戦略面で挙げたようなマスメディア系のものや鉄道系のものなどが挙げられています。

依頼してきた事業や企業主によっては希望するプロモーション方法を指定してくる場合もありますが、マーケティングや経営戦略の内容によってはほかのプロモーション方法を提案していかなければいけません。

このため組織マネジメントで管理してきた情報や収集したデータの内容をしっかり相手に提示することができるのかどうか、どのような依頼主でも納得できるような説明ができるかどうかが重要です。

そうして依頼主との販売戦略もある程度まとまったところで、最終的に広告を作成することになります。

この中で組織マネジメントが必要とされる部分としては広告制作にかかってくるコストの管理や人件費、さらにタレントなどを起用する場合はタレントに関連する全ての事柄をマネジメントしていかなければいけないのです。

このように広告業界は広告一つを作成するだけでも多くの作業を必要としていて、複数の部署や役職が関連してくるため単体でのマネジメントだけではうまく統制ができない場合も出てきます。

このため組織全体の流れを円滑にするための組織マネジメントが必要不可欠だと考えられており、多様化してきた広告に関連するニーズに効果的に応えるためにも組織全体のマネジメント能力が求められているのです。

今後の広告業界は動画広告やアドテクノロジー技術の進化によって、さらに組織内が複雑になっていくことが懸念されています。さらに広告を依頼する事業や企業、消費者のニーズもさらに多様化してくる可能性が指摘されているので、より効果的かつ適切な広告を作り上げていくためにも広告業界の組織マネジメントの需要は高まっていくのではないかと考えられています。実際に広告業界のマネジメントに関連する講座や研修も、徐々に増えてきているようです。

 

キャリアは副業で磨かれる!プロ人材の本業を活かした副業紹介サービス プロの副業
コミュニケーション業界(広告・PR・デジタル)に特化した転職コンサルタント シンアド転職

CATEGORY:コラム

DATE:2018-10-01

TAG: