イベントレポート

【調査結果】仕事にまつわる悩みはありますか?聞いてみるとこんな結果が出ました!

BUDDYZでは、広告・PR・ITデジタル業界で働く皆さまが多くの人と出会い、業界自体がますます発展するように、定期的に交流会(ネットワーキングパーティー)を開催しております。

今回はそのBUDDYZが主催する交流会で実施いたしましたアンケートにおいて、仕事に関する悩みがあるか聞いたところ「社内の人間関係」よりも多くの方が悩んでいる項目が分かりましたので、その結果をお届けいたします。

交流会への参加目的に繋がる回答もありましたので、BUDDYZの交流会に参加しようかと検討している方は必見です。


仕事にまつわる悩みはある?

「悩んでいることはない」が36%と1番多い結果となりました。次に多かったのが「自分のスキル、力不足を感じる」が18%という結果でした。「自分のスキル、力不足を感じる」と回答した理由としては「思うような成績が出ない」「起業したいが、人脈が少ない」などの回答がありました。結果としてBUDDYZ交流会の参加者は「社内での人間関係」よりも自分自身のことで悩んでいる方が多いということが明らかになりました。

参加者の性別の割合は?

男性が85%女性が15%という結果となりました。今回は女性の割合が少ない結果となりましたが、BUDDYZ交流会では、女性お一人でいらっしゃる方も多く、女性の方も安心して参加いただけるイベントとなっております。

初めて参加する人が7割

結果は、70%の方が「初めて参加した」と回答しました。初めての参加者が多いですが、をBUDDYZでは初めての方でも参加しやすいようにカジュアルな交流会を心掛けております。

交流会の情報収集はどこから?

上のグラフから、初めて参加する方が多いという結果がありましたが、では参加者の方はどこで情報の収集を行っているのでしょうか。今イベントを知ったきっかけを聞いてみました。

BUDDYZサイト,Facebook共に35%という結果となりました。イベント紹介サイトからは5%となっており、BUDDYZ運営の媒体から70%の方が参加しています。


参加者の年代の割合は?

20代が65%と圧倒的に多い結果となりました。特に20代後半の参加が一番多く参加していることがわかりました。次に多かったのは30代で30%という結果でした。

上場企業の人はどれくらいいる?

上場企業に所属の方は10%という結果でした。非上場企業に所属の方が80%と1番多く、また、フリーランスの方も10%参加している結果となりました。

どんな業種の人が参加してるのか?

広告代理店、インターネット広告代理店が多く共に20%、次に多かったのは事業会社・広告主で15%という結果となりました。代理店業の方で40%を占める結果となりました。

参加者の年収はどれくらい?

BUDDYZ交流会は20代の方が多く参加していますが、参加している方の年収を聞いてみると驚くべき結果が出ました。

「500万未満」という方が45%と1番多い結果となりました。参加者の中には年収2,000万を超えている方も10%いらっしゃいました。

交流会に参加する目的って?

「人脈作り」が40%と1番多い結果となりました。次に多かったのが「営業」で23%という結果でした。「友達作り(プライベート)」が20%とビジネスが目的ではない方もいらっしゃるようです。しかし、交流会で仲良くなった関係からビジネスに発展することも多いという声もありました。目的は様々ですが、交流会により顔見知りや友人になった関係から仕事の話が進むこともあるかもしれません。

 

キャリアは副業で磨かれる!プロ人材の本業を活かした副業紹介サービス プロの副業
コミュニケーション業界(広告・PR・デジタル)に特化した転職コンサルタント シンアド転職

CATEGORY:イベントレポート

DATE:2018-09-21

TAG: